全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ あなたは「見ら...

あなたは「見られている!?」

こんにちは、講師の井上です。

前回のブログの続きのような内容になりますが、人によっては普段出来ている事でも「誰かに見られていると失敗する」という風に言う方が居ると思います。・・・分かります、その気持ち!
僕も皆さんの体験レッスンの時に「講師としての模範演奏」みたいなのをする時・・・初対面の方がマジマジと(笑)見ている中での演奏は、やはり緊張しますしね。だから、ミスもガンガンしてますよ、ホント(笑)。

今回のお話しは、「他人に見られる事に慣れましょう」という事なんです。

だって、せっかくドラムを練習してるんですから、やっぱりバンド全体での演奏をしたいですよね。そうなると、まずはバンドのメンバーからの視線が気になります・・・ちょっとしたミスショットにも「ギロッ!」と見てくる場合もありますよ(笑)。
それに、バンドの演奏が良くなってきたら、やっぱりお客さんに観てもらいたいじゃないですか。で、初めてのライブ・・・中には知らない方も観ていたり・・・そんな雰囲気の中での演奏は、普段では味わえないくらいの緊張感の中での演奏になるでしょうね。
けど、緊張する事は仕方がないと思いますし、それを隠そうと「お酒」などに頼るのも僕はどうかと思います。逆に緊張感ゼロというのもね・・・。やはり、ある程度の緊張感の中で演奏するくらいが良いのでは・・・・と思っております。それには、常に「誰かに見られている」という意識を持つと良いと思います。

例えば、僕とのレッスン中、僕はあらゆる角度から生徒さんの叩き方をチェックしますから、皆さんが叩いている最中にもウロウロとするだろうし、背後に周り込んだりもするかも知れませんし、正面に立ってジッと皆さんを見つめるかも知れません(笑)。
まぁ、まずは僕に見られるのに慣れてもらいたいですね。レッスンの中で、そういった「精神面の強さ」も一緒に養いましょう!
それとか、個人練習やバンド練習の時、演奏をしない誰かが1人でもスタジオの中に居るだけで緊張感が全然変わったりするものです。
彼氏彼女が居る方は試してみると良いですよ・・・「ミスしたら恥ずかしい!」みたいな感覚が働いて、妙に力が入ったりしますから(笑)。その状況で、如何にして力を抜く事が出来るか・・・これには、やはり「見られる事に慣れる」のが一番だと思います。

僕が「イヤらしいくらいの視線」を浴びせても、動じる事なく、ミスすらしないくらいの度胸を、生徒さん全員に付けてもらいたいですね・・・とか言って自分はミスばっかりするくせにね(笑)。



 

(2007年6月22日(金) 2:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・中野・大久保・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明大前・下...

ブログ記事 ページ先頭へ