全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ 失敗を恐れない...

失敗を恐れないで・・・

こんにちは、講師の井上です。

「失敗」・・・イヤな言葉ですよね。出来れば失敗はしたくないものですよね、何事に関しても。けど、それは無理な事なんですよね・・・恐らく。人間、生きていれば何かと失敗の連続ですよね、ホントに。
ただ、「失敗は成功の素」とは良く言ったもので、その失敗をした事で「何故失敗したのか・・・次、失敗しないには、どうしたら良いのか」という流れが自然と出来あがると思うんですよね。犯した失敗は、二度としないようにするのが大事です。

もちろん、僕も今まで散々失敗をしてきましたよ!自分の過去の失敗例を一つ挙げましょう・・・これは僕が音楽の専門学校に通っていた時のことです。
バンドスタイルの授業の時に課題曲を演奏していて・・その曲は、曲の最後にほんの少し「ドラムだけ」の部分があったのです。そこをカッコ良く決めてからバンド全体で最後の締めの音を出すという感じなのですが、僕はその曲のサイズを把握出来ていなくて、気が付いた時には、既にそのドラムだけの部分になっていたのです。
そこで僕が取った行動は・・・スネアドラムを一発「ダン!」と鳴らして、そして両手を上げて「間違えちゃった~!」と叫び(笑)、バンド全体の演奏をストップさせてしまったのです。これはマズかったですね・・・凄い恥ずかしかったなぁ。まぁ、ある程度の「笑い」は取れましたが(笑)。
しかし、やはりこれも全て自分の経験値になるんですよね。その恥ずかしい失敗以来、どんな状況でも「ドラマーとして、曲のサイズだけは絶対に間違えないようにする!」という自分の中での最低基準が出来ました。
メンバー1人が曲のサイズを間違えて「ヤバい!」という風になっても「大丈夫、僕は絶対間違えてないから、ここに戻っておいで!」というように、今は曲の何処なのかを提示出来るようになりましたし、メンバー何人かが曲の現在地を見失って訳が分からなくなったら、「無理やりにでも終わらせてしまおう」という多少強引な解決策で難を逃れる術も手に入れました(笑)。

これが出来るようになったのは、やはり、あの失敗があったからなんだろうなぁ・・・と思います。今思えば、あの時点で失敗して、それに気付けて良かったです。これらの数え切れない程の失敗を礎にして、今の僕があるんですよね。失敗しても良いけど、同じ失敗を何回もしないようにする。そうすれば、自分の演奏レベルは自ずと高くなっていくと思います。

上手くいった時の経験値も大事ですが、失敗した時の経験値の方が、もしかしたら重要かも知れないですね。「負けるが勝ち」って良く言いますが、それは、恐らくこのような事を言うのではないでしょうか。
「失敗しなかった・・・ラッキー!」とかよりは、失敗して凹んで「何で失敗したんだろう・・・けど、次は絶対に失敗したくない!」と思った方が、自分の為になるような気がしますよね。
さぁ、みなさんもドンドンと失敗しちゃって下さい!ただし、それを乗り越える事をお忘れなく(笑)!

 

(2007年6月16日(土) 2:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックならお任せ。ノスタルジックなバンドは注目!独特の雰囲気を学ぶ

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・大久保・中野・高円寺・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明...

ブログ記事 ページ先頭へ