全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ カウントを口ず...

カウントを口ずさみましょう!

こんにちは、講師の井上です。

今回は、意外と軽く見られがちな「カウント」の話しです。大事な話しですよ!

僕の好きなドラマーの一人に「高橋まこと」という偉大なドラマーがいます。彼のライブ映像を観て、僕はドラムを始めたと言っても過言ではない・・・それくらい彼の事を尊敬しています。なんたって、彼の出す「カウント」がカッコイイんですよ!もちろんカッコイイだけではないですよ。

「カウント」は楽曲を演奏し始める上での大事な要です。楽曲のテンポを提示するだけでなく、その楽曲の雰囲気を伝える手段でもあるのです。
例えば、スローなバラードなどを演奏する時に「ワン!ツー!スリー!フォー!」なんて元気一杯にカウントするのは、やはり雰囲気を壊してしまいますよね。その楽曲に応じて、様々なカウントを出せるようにならないといけないと思います。

僕の教室に通ってくれる皆さんには、演奏中にカウントを口ずさめるようになってもらいたいです。なので、僕だけでなく生徒さんにもカウントを出してもらいたいと思っています。
出来るなら声に出してもらいたいのですが、照れ屋さんなドラマーもいらっしゃるでしょう(笑)。そんな人は最初は口を動かすだけでも良いので、カウントを取りながら演奏する・・という事を怠らずに続けてもらいたいと思います。
そうすれば、いつの間にか4小節、8小節、16小節という曲の展開が多くありがちな小節数なども、いちいち数えてなくても身体が反応するようになってきます。
そうなると、曲中の長いギターソロや小節がフリーなアドリブのソロなど、またバンドの曲作りの時なんかもとても素早く対応する事が出来るでしょう。

「カウント」はその楽曲の一つのキーポイントだと思います。その、スティックのぶつかり合う音とドラマーの掛け声だけで、バンド全体をドライブさせたりゆったりと演奏させたりとかを促さなければならないのです。
そう考えると責任重大ですよね・・・だから「カウント」も練習しないといけないと思います。皆さんも自分の好きなドラマーなどの「カウント」を良く聴いてドンドンと「カウント」のレパートリーを増やしていきましょう!!




 

(2007年5月9日(水) 22:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックならお任せ。ノスタルジックなバンドは注目!独特の雰囲気を学ぶ

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・大久保・中野・高円寺・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明...

ブログ記事 ページ先頭へ