サイタ音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ 周りの音も聴き...

周りの音も聴きましょう!

こんにちは、講師の井上です。

前回の「クリック」を使って・・・という話しの続きというか、延長線上の話しです。

ドラムという楽器は、一般的には一人で演奏していてもあまり音楽的ではありません。やはり、他の楽器と一緒に演奏する事で色々な表現が出来るものだと思います。
ですが、他人と「音を合わせる」という事は意外と難しくて、お互いに合わせようと歩み寄らないと単なる「自分達の音の出し合い」になってしまいます。
これでは「演奏者」としても「一つの楽曲」としても良くないと思います。自分達のバンドでオリジナル曲を仕上げる時の難しさみたいなものはここにあるように思います。

ドラムという楽器を上手に演奏する・・・という事は色んな意味があると思います。
ドラム一人だけの演奏で凄まじいテクニックを駆使したプレイが出来ても、それが周りとの連携が取れていないと単なる「テクニックのひけらかし」のようで僕は良いとは思いません。その凄まじいテクニックで曲を壊してしまっては本末転倒だと思います。

ドラムという楽器の立場上、周りの音を聴くという事は凄く大事な事だと思います。
良く「ドラマーはバンドの指揮者であるべきだ」と言われますが、正にその通りだと思います。まず曲の土台を作っていかないといけませんし、その上で周りの状況を把握しつつ周りに合わせた演奏が出来るようになれば素晴らしいと僕は思います。
そうすれば他の演奏者からの信頼も得られるでしょうし、色んな場所で演奏出来る機会も増えるだろうと思います。

僕の教室ではその点もレッスンに取り入れていきたいと思っていますので、僕も皆さんと一緒に演奏します!何を演奏するかというと・・・・主にパーカッションですね。マラカスを振ったり、タンバリンを叩いたり、時にはカウベルでリズムキープしたり・・・。
生徒さんがクリックに合わせてドラムを叩き、僕もパーカッションで参加するとなるとちょっとしたアンサンブルですよね!
ドラムを一人で黙々と練習するのも大事でしょうが、多人数で演奏する事はもっと大事です。テクニックをひけらかす「曲芸的なドラム」はここでは教えません。この教室に通ってくれる皆さんには「演奏者としてのドラマー」になってもらいたいと思います。
さぁ、僕と一緒に楽しく演奏しながらお互いに学びましょう!レッスン中に演奏しながら踊り出してしまうかも知れませんが、それは皆さんの演奏で盛り上がっている証拠です(笑)。皆さんにも周りのメンバーと一緒に盛り上がれるドラマーを目指してもらいたいと思います!

 

(2007年5月6日(日) 2:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着記事

皆さん、こんにちは。講師の井上です。 あっという間に2月になってしまいました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。インフルエンザが流行しているようですね・・・気を付けましょう。 今月のライブ・スケジュールを更新しましたので、お時間ありましたら応援に来て下さいね。 2018.2...

皆さん、こんにちは!講師の井上です。 毎日寒い日が続いていますが、体調を崩したりしてませんでしょうか?僕は正月休みで身体が怠けてしまってましたので、少しずつ日常を取り戻したいと思っています。 さて、今月の僕のライブ・スケジュールを更新しました。お時間がありましたら、応援に来て下さいね!...

皆さん、こんにちは!講師の井上です。早いもので、もう12月の10日ですね。いかがお過ごしでしょうか? 僕の12月のライブ・スケジュールをアップしました。一年の締めくくり、一本いっぽんを大切に演奏していきたいと思います。 皆さん、どうぞ応援に駆けつけて下さいね。 2017.12...

皆さん、こんにちは!講師の井上です。11月に突入しましたね・・・朝晩はだいぶ寒くなってきました。体調を崩さないように気を付けましょうね。 さて、今月のライブは4本です。バンドでの演奏が多いですね・・・今から楽しみです! どうぞ応援宜しくお願いします! 2017.11/13(mon...

こんにちは!講師の井上です。 10月ですね・・・今年も残り3カ月となりました。月日が経つのは本当に早いものです。 さて、今月も色々なライブに参加させてもらいます!お時間のある方は応援しに来て下さいね。 2017.10.6(金) 新橋ZZ フルタヒロアキ&ザ・ミステイク5 「...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ