全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ 周りの音も聴き...

周りの音も聴きましょう!

こんにちは、講師の井上です。

前回の「クリック」を使って・・・という話しの続きというか、延長線上の話しです。

ドラムという楽器は、一般的には一人で演奏していてもあまり音楽的ではありません。やはり、他の楽器と一緒に演奏する事で色々な表現が出来るものだと思います。
ですが、他人と「音を合わせる」という事は意外と難しくて、お互いに合わせようと歩み寄らないと単なる「自分達の音の出し合い」になってしまいます。
これでは「演奏者」としても「一つの楽曲」としても良くないと思います。自分達のバンドでオリジナル曲を仕上げる時の難しさみたいなものはここにあるように思います。

ドラムという楽器を上手に演奏する・・・という事は色んな意味があると思います。
ドラム一人だけの演奏で凄まじいテクニックを駆使したプレイが出来ても、それが周りとの連携が取れていないと単なる「テクニックのひけらかし」のようで僕は良いとは思いません。その凄まじいテクニックで曲を壊してしまっては本末転倒だと思います。

ドラムという楽器の立場上、周りの音を聴くという事は凄く大事な事だと思います。
良く「ドラマーはバンドの指揮者であるべきだ」と言われますが、正にその通りだと思います。まず曲の土台を作っていかないといけませんし、その上で周りの状況を把握しつつ周りに合わせた演奏が出来るようになれば素晴らしいと僕は思います。
そうすれば他の演奏者からの信頼も得られるでしょうし、色んな場所で演奏出来る機会も増えるだろうと思います。

僕の教室ではその点もレッスンに取り入れていきたいと思っていますので、僕も皆さんと一緒に演奏します!何を演奏するかというと・・・・主にパーカッションですね。マラカスを振ったり、タンバリンを叩いたり、時にはカウベルでリズムキープしたり・・・。
生徒さんがクリックに合わせてドラムを叩き、僕もパーカッションで参加するとなるとちょっとしたアンサンブルですよね!
ドラムを一人で黙々と練習するのも大事でしょうが、多人数で演奏する事はもっと大事です。テクニックをひけらかす「曲芸的なドラム」はここでは教えません。この教室に通ってくれる皆さんには「演奏者としてのドラマー」になってもらいたいと思います。
さぁ、僕と一緒に楽しく演奏しながらお互いに学びましょう!レッスン中に演奏しながら踊り出してしまうかも知れませんが、それは皆さんの演奏で盛り上がっている証拠です(笑)。皆さんにも周りのメンバーと一緒に盛り上がれるドラマーを目指してもらいたいと思います!

 

(2007年5月6日(日) 2:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックならお任せ。ノスタルジックなバンドは注目!独特の雰囲気を学ぶ

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・大久保・中野・高円寺・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明...

ブログ記事 ページ先頭へ