全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ クリックを聴き...

クリックを聴きながら・・・・

こんにちは、講師の井上です。

皆さんは、個人で練習する時やバンドで演奏する時に「クリック」を用いた事があるでしょうか?「クリック」とは、簡単な音符である一定のテンポを提示してくれるメトロノームのような役割をしてくれるものです。最近は色んなメーカーから「リズムウォッチ」というような呼び名で発売されていますね。僕も愛用しております。

この「クリック」というものを聴きながらの練習をオススメします。特に一人で練習する時には・・・。

中には「俺がリズムを提示してるんだから、そんな物要らない!」という人もいるでしょう。しかし、そういう事を言う人に限って一定のリズムをキープ出来ない・・・なんて事があるのですが(笑)。
ですが、ここは一つ考え方を柔軟にしてリズム感が凄く良い友達と二人でセッションしていると思えば良いのです。しかも、この友達は何の文句も言わずにずっとリズムをキープしてくれるのですから、それを聴きながら自分は苦手なフレーズを出来るまで続けてみるとか、リズムに乗ったドラムソロをプレイしてみるとか・・・・。「クリック」、彼は何かと力になってくれるとても頼もしい友達なのです。

この教室でも、少しでもリズムが叩ける程度のレベルの生徒さんからは、なるべくクリックを聴きながらレッスンしてもらおうと思っています。
まずは普通の楽曲の長さ・・例えば4~5分でしょうか、最低それくらいは一定のリズムをキープ出来るようにしてもらいたいと思います。そうじゃないとバンドでの演奏は難しいですからね。

まずはクリックにジャストで合わせてみて、それが出来てから「タイト」だとか「ルーズ」だとかの表現が分かってくるのだと思います。
クリックに慣れておけば「同期モノ」などにも強くなりますし、何より「周りの音」を聴けるようになれるハズです。何も恐れる事はありません、どんどんとクリックを活用して抜群のリズム感を手に入れましょう!!


 

(2007年4月27日(金) 4:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・中野・大久保・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明大前・下...

ブログ記事 ページ先頭へ