全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 板倉ドラムス スクールブログ ライバルは自分...

ライバルは自分と仲間 1


これを読んでおられる方は、ライバルっていらっしゃいますか?

いらっしゃる人は、そのライバルは友人であったり、他校の生徒さんであったり、いろいろだと思います。

ライバルと直接比較できるような立場の人がいれば、自分の今の立場や能力が分かり、「ある意味」便利です。
負けた、と思って打ちひしがれることもあれば、直接勝利をおさめて優越感にひたることもできますから。

でもそれらがいなければどうでしょう。

結論から言うと、ライバルは最終的には自分になってきます。


冷静に自分を見つめていくと、練習時に

"今はできないけど、そのうちできればいいや"

と思うことってありませんか?


私も少々難しいフレーズに直面すると、最初はそう思います。そのうちできればいいや、って。

"そのうちできれば"は怖い言葉です。
ひどいと"そのうち"は永遠に来ません。
それじゃ進歩はありませんよね。

ですので。
"そのうち"というものを抱えた時は、「じゃあいつやるの?」と昨年実によく聞いた言葉を使い、自分の中で期限を決めてください。この場合は今でなくてもいいです。自由です。ただ、早いに越したことはありませんが。

私は、自分の生徒さんに期限をつけています。もちろん、完全に決めるのは生徒さんです。ガイドは出しますが強制力はありません。自主性を重視します。


次回は少し具体的に触れますね。


 

(2014年3月24日(月) 17:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動15年!基本はもちろん、ステージ経験も聞ける

板倉ドラムス
板倉隆志 (ドラム)

三ノ宮・西明石・東加古川

ブログ記事 ページ先頭へ