全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ドラムスクール スクールブログ 息の合った演奏...

息の合った演奏をするために必要なこと。

細い割には食いしん坊!


どうもこんばんは!
北九州のドラムスクール「TETRA塾」の原田一臣です^^




みなさん「ギョウザ」、手作りした事ありますか?



僕は手作りギョウザ大好きなので、たまにやるんですが
ギョーザの皮に包む所で、餡(あん)を多く入れ過ぎて
収まりきらない事が多いです(笑)



あれって思ったほど多くは餡(あん)を包めないんですよね。。



皮の上に餡(あん)を乗せてる段階と、実際に皮を包んだ時の
イメージに誤差があるというか・・



・・まぁ、ただ包み方がヘタクソなだけなんでしょうけど!(笑)




書いてるうちにまた作りたくなってきました^^






ホワイトデーのお返しに手作りギョウザ・・







白いのは白いですけど・・・ダメでしょうか?(笑)







さて、本日はドラムを演奏している最中の「体の動き」ではなく、
「耳」と「頭」のお話を少しばかりしたいとおもいます!



※頭といってもヘッドバンキングとかそういう話じゃなくて
 頭の中の「考え方」の方のお話です^^





楽器を演奏する際、慣れないうちは「今、自分が演奏しようとしているフレーズ」
の事で頭の中がいっぱいの状態である方が多いんではないかと思います。




ワタクシもドラムを習い始めた頃はそうでした^^


演奏中、頭の中は自分が頑張って覚えたドラムパターンの事でいっぱいで、
周りの楽器の音はもちろん、その場で一緒に鳴っているので聴こえては
いるんですが、細かく各パートがどんな演奏をしているのか等、
自分から聴きにいくという事は全くしていませんでした。。




曲を覚えようとしている段階、フレーズを練習している段階では当然、
ドラムの事が100%で大いに構いません。




ですが、そのフレーズが出来る様になり、曲を覚えた後はなるべく
自分の演奏の事を考える割合を徐々に減らし、その分、周りの楽器の音や
歌がどう鳴っているのかを聴く割合を増やしていってみてください^^


自分が出しているドラムの音と周りの音のタイミングがズレていないか、
音量は大き過ぎたり小さ過ぎたりしていないか等を気にかけながら
演奏出来る様になれば、息のピッタリ合ったカッコイイ演奏が
出来る様になります!


※オケ(CDの音源)に合わせて練習する場合も同じです。
 音源から流れている音と自分のドラムのリズム、タイミング
 がばっちり合っているか、ズレる所は無いかを聴きながら
 演奏出来る様に頑張りましょう^^



また、リズムパートではない歌やギターなどは曲によっては敢えて
ジャストのタイミングから外して演奏される事もよくあります。

こういう楽曲の場合はつられない様、ベースのリズムとタイミングが
合うように演奏を心がけましょう!




最後に、楽曲の中でドラムはリズムの主役です。

外のパートはドラムのビート、リズムを軸にして演奏をしますので
息を合わせつつも、「バンド全体についていく」のではなく
「バンド全体をひっぱっていく」気持ちで演奏しましょう^^



PS.息の合った演奏の例として、僕の大好きなリズム隊をご紹介いたします^^

■チャドとフリーのJAM






今後ともドラムスクール TETRA塾をよろしくお願い致します!

息の合った演奏をするために必要なこと。

(2014年3月14日(金) 12:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌謡曲~フュージョンまで活動歴豊富!温厚な先生がゼロから優しくレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ