全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室京都 ドラムスクール・オレンジ スクールブログ 今のテンポ、速...

今のテンポ、速い?遅い?


バンド形態なんかでドラムを叩く時、いつもどおりのテンポで叩くようにする、これ、まぁ当然のことですよね。

曲のアレンジに取り組んでる時や、ワザと「いつもと違うテンポで叩いたら、みんなどんな反応するやろ?」な感じ以外の時は。

にもかかわらず、自身のライヴ演奏を録音してみると、かなりテンポアップしてる事、ありますよね?

あれ、何故なんでしょうかねぇ?ライヴ演奏中はむしろいつもより遅く感じているにも関わらず。


これ、心拍数に関係ある事らしいですね。

ライヴとなると知らず知らずのうちに多少の緊張をするものです。

緊張する→心拍数が上がる→テンポが速くなる

と、いうことらしい。


実際に演奏する際、メトロノーム的なものを用意しておいて演奏前にテンポの確認をするとか、普段から色々な状態でプレイしてみてデータを集めておく、など、対策を講じるべきですねぇ。




 

(2009年2月4日(水) 22:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムでジャズもビジュアル系も!幅広いアプローチでイメージを形に

ブログ記事 ページ先頭へ