全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ もっと早く上達...

もっと早く上達するために!!

いや~だいぶ温かくなりましたね~!
寒いのが苦手な僕は、これから夏に向けてどんどん元気になって行きます(笑)

さてさて、今回のお題はずばり!「もっと早く上達するために!!」です。

経験者の皆さんは、常にもっともっとうまくなりたいと思っているはずだと思います。
しかしどうしたら上達できるのかわからないという方も大勢いらっしゃるはずです。
そこで、特に初~中級者の方々を対象に、どうしたらもっと効率よく上達できるのか、ここで簡単にアドバイスしたいと思います。

ドラムを始めたばかりの頃は、すべてが新しいことだらけだし、簡単なところから始めるのでどんどんできるようになりますが、2~3年もやっていると、練習もけっこうしてるのになかなかうまくなれないという方をよく見かけます。
そのような方の練習方法を聞くと、大体うまくできないパターンをひたすら反復して練習しているということが多いです。
このブログを読んでくださっている経験者の皆さんも、そういう練習をしている経験お有りではないですか?

実は僕もそのようなひたすら反復練習をしていた時期があります。
しかし現実としてなかなかうまくなれないということが、もどかしい気分になっていきますよね。
そこでひとつアドバイスです。

「何が」「どのように」できないのか自分を客観的に分析し気付く

これが非常に重要なポイントです。
反復練習を否定しているわけではありません。
ただ、いくらうまくできないことを漠然とただ繰り返し練習しても、なかなかできるようにはなりません。
(どうもこのパターンうまくできないな…)と思ったら、その中でどこがどううまくいかないのか自分のプレイを冷静かつ客観的に分析し、見つけ出した上でその部分を改善していくことが上達への近道です。

どこか一部分のリズムが詰まってしまっている。体の動きがぎこちない部分がある、足が遅れて手とかみ合ってない…などうまくいかない原因はどこかしらに必ずあります。
しかし初~中級者の方はなかなか気付かずに、またある意味ではできないというその現実から目を逸らしながら練習してしまっていることがとても多いです。
もちろん僕がレッスンでうまくいかない点を見つけて直すこともしますが、最終的に自分で見つけ修正することができれば、一気に殻を突き破れること間違いなしです!
いままであまり意識してなかった方はぜひとも試してみてください!

このように僕のレッスンでは技術論だけではなく意識的なことも解説しつつ、楽しくワイワイやっております!あ、もちろん真面目にもやってます(笑)

ではではまたお会いしましょう!!

 

(2009年4月7日(火) 15:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

ブログ記事 ページ先頭へ