サイタ音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ 歌える=叩ける...

歌える=叩ける!

どうもこんにちは! バシリズム・ドラムスクールの船橋です!

冬真っ盛りですね~寒いですね~
こんな時はドラムを叩いて身も心(笑)も温めましょう!

さてさて、今日は「歌う」ということについてお話ししましょう。


皆さんは学校の授業やカラオケやいろんなところで歌を歌っていると思いますが、「リズム」を歌ったことはありますか?
無意識にとかテンションが上がったときにリズムを歌うことはあると思いますが、普段はあまり意識的にやらないと思います。

そこでドラマーの皆様、普段の練習でリズムを歌ってますでしょうか?
楽譜ばかり見て練習していると、どうしても手足の組み合わせにばかり気をとられてしまっていませんか?
そのような練習を続けていて、なかなか出来るようにならないな~、と思ってらっしゃる方に朗報です!!

まずはうまくできないそのリズムを口で歌ってみましょう!
なんとなく歌うのではダメです。細かいところ(休符なども含む)までキチンと正確に歌いましょう!
文字で説明するのが難しいですが、例えば…

良くない例:ドードパンド、ドパン…

良い例:ドンスドパンドン、ウンドンパンチッ!

という感じです(笑)やはり文字で表現するのは難しいですね(笑)
このようにちゃんとテンポにハマってきれいに歌えないと、ドラムで実際に叩いてもうまくできないでしょう。

つまり「口で歌えないことはドラムで叩けない」のです!!
逆に言えば「口で歌えればドラムでもできる」のです!!

これによって、どの音符がうまくハマってないのか気付けるようになると思います。
また、テンポ感が安定し、歌心のあるドラムが叩けるようになります。
さらには!フィルインやドラムソロのアイデアも、普段リズムを歌っていない方は歌うことによってさまざまなアイデアが出てくるようになるかも知れません。

もちろん練習は必要ですが、いくら練習しても出来るようにならないという方は、ぜひこの方法をお試しください!
レッスンではこのようなこともわかりやすく丁寧に教えていますので、ご興味がある方はぜひいらしてくださいね☆

ではではまたお会いしましょう!

 

(2008年12月12日(金) 16:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

新着記事

今回のコラム!お題は 「ポジティブ練習法」 以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。 生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します! ●「できない」を繰り返すとスラン...

おかげさまでバシリズム・ドラムスクールが、コーチアワード2017ドラム部門にて受賞しました! 「コーチアワード2017」とは… 「サイタ」にて、2016年4月〜2017年3月の期間中に、レッスン実施数や継続率、入会率等を指標とする「受講生満足度」が特に高いコーチを20名選出し、表彰。 ...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。 私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております! さてさて今回のお題は 「ドラム上達には欠かせない(ち...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近の仕事の影響もありジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。 これを機にジャズに対する苦手意識を克服したいものです(^^;; さて、今回のお題は 「タイム感向上計画〜リズムの...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 今回は最近マイブームのトレーニングをご紹介します。 それは… 運転中の左足トレーニングです!(AT限定) オートマじゃないとできませんが、まず左足をヒールダウンで一定の間隔で踏みます。 これだけでも3~4分やっている...

ブログ記事 ページ先頭へ