サイタ音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ 3点の音量バラ...

3点の音量バランス!

どうもこんにちは!  バシリズム・ドラムスクールの船橋 洋史です。

関東もそろそろ梅雨入りでしょうか。  僕はどうも雨が苦手です…
しかし苦手といいつつ僕は6月生まれなのです(笑)

と、余談はさておき、今日はドラムの各パーツの「音量のバランス」について考えて見ましょう。
例えばロックの王道8ビート。普段皆様は自分がどのような音量のバランスで叩いているか考えながら叩いていますでしょうか!?



刻みのハイハット、2,4拍目のスネアドラム、1,3拍目のバスドラム、これらをどのようなバランスで混ぜ合わせるかというのは非常に大事なことです。
仮にギンギンの激しいハードロックな曲を叩くとしましょう。やはりかっこいいアクションはかかせませんね(笑) 
しかしこの時もし、手はもうものすごい振り上げて、ハイハットジャンジャン鳴らしてスネアもガンガンリムショットしてるのに、バスドラムがトットッと、かすかに聴こえるくらいだったらどうなるでしょうか…?
たとえリズムが正確に入っていても、きっと聴いている人にはどうも安定感の悪い音楽に聴こえてしまうでしょう。

自分ではこんなもんで大丈夫だろう!と思っていても、意外と何かが大きすぎたり小さすぎたりすることがよくあります。
そこで、より意識的に音量をコントロールできるようにするために、いろいろな音量バランスのパターンを練習してみましょう。

ハイハット…ハ スネアドラム…ス バスドラム…バ とすると、
ハ:大(音量) ス:中 バ:中、 ハ:中 ス:大 バ:中、 ハ:小 ス:やや大 バ:大、などなど…
たくさんの組み合わせが考えられます。

今まであまり意識したことがなかった方は是非試してみてください! 

ではでは、またお会いしましょう。。。

 

(2008年5月31日(土) 0:29)

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

新着記事

皆さんドラム楽しんでますか~ まだはじめてない方はいますぐはじめましょう(笑) というわけで今回のテーマは目指せ脱初級者! 「初見能力アップに欠かせない手順のセオリー」 ピアノの楽譜にも運指番号が書いてあるように、ドラムもスムーズに演奏しやすい手順があります。 特にバンドスコ...

今回のコラム!お題は 「ポジティブ練習法」 以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。 生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します! ●「できない」を繰り返すとスラン...

おかげさまでバシリズム・ドラムスクールが、コーチアワード2017ドラム部門にて受賞しました! 「コーチアワード2017」とは… 「サイタ」にて、2016年4月〜2017年3月の期間中に、レッスン実施数や継続率、入会率等を指標とする「受講生満足度」が特に高いコーチを20名選出し、表彰。 ...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。 私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております! さてさて今回のお題は 「ドラム上達には欠かせない(ち...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近の仕事の影響もありジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。 これを機にジャズに対する苦手意識を克服したいものです(^^;; さて、今回のお題は 「タイム感向上計画〜リズムの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ