全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 ドラムスクール スクールブログ ドラマーはやっ...

ドラマーはやっぱり、ドラマティックじゃなきゃねっ!

どうもこんにちは!

ドラムスクール TETRA塾の原田一臣です^^


昨日、レッスンの生徒さんに「原田さんは、北斗七星というよりは南十字星の雰囲気ですね!」と言われました!

なんだかワタクシの周りには「不思議系」の方が多くて、楽しいです^^


後々考えると恐らく、北斗の拳の「北斗神拳」と「南斗聖拳」の事を言いたかったんだと思います。

確かに「ケンシロウ」よりも「レイ」の方が好きですけれども(笑)



・・さて、本日は「ドラマーはやっぱり、ドラマティックじゃなきゃね!」です^^


それでは、どうぞ!



【楽曲をドラマティックに演出しちゃおう!】

マンガや小説、映画など物語には「起承転結」というものがあり、日常を描いたパートや、トラブルが起きるパート、解決し感動するパートなど色々なカラーのパートによって構成されていますよね。

楽曲においてもそれはすごく似ていて、1曲の中で静かになるパートや華やかになるパート、激しくなるパートなど、様々なカラーのパートを作る事で、その曲をドラマティックに演出する事が出来ます。

我らが日本の楽曲、J-POPにおいては特に1曲の中にたくさんの展開が含まれているモノがたくさんあります^^

ドラムの演奏においては、例えばバラードなどで1番のAメロ、Bメロにて演奏の内容を控えめに、目立たない演奏にしておき、サビに入るところから一気に音量、音数を増やして「ドカーン!」と迫力を出していく、といった方法がセオリーです。

※ワタクシはこの展開をつける事を「ダイナミクスをつける」と言っています。


上記の様な、演奏の内容自体、フレーズ自体の音数なんかが変化している楽曲であれば、その曲をマルっとコピーして演奏さえこなしてしまえば、自ずと楽曲に展開がついてくれます。


しかし、中には1曲をとおしてドラムのフレーズがあまり変化しないモノもあります。


ワタクシとしてはこういった曲でこそ、ダイナミクスを意識して演奏していただきたいです。


なにもこれは、フレーズを強引に変えてしまえ!と言うわけではありません(笑)


曲のセクションごとに、音量だけ小さくしたり大きくしたりしてあげるだけで、フレーズは変わらずとも聴こえ方は随分変わってきます。

また、こういった単調になりがちな曲にダイナミクスをつける練習をしておく事で先に記載した元々フレーズに展開のついている楽曲を演奏する際も、さらに情感豊かに、ドラマティックに演奏する事が出来るようになります!


以上となりますが、今回のお話は前回までに書かせていただいた「観客を惹きつけるドラムを目指そうっ!」とも関連性の高い要素なので、よければ前回までのブログも併せて読んで頂けると大変うれしゅうございます^^


今後とも、ドラムスクール TETRA塾をよろしくお願いいたします!


TETRA塾 Facebook
http://ja-jp.facebook.com/TETRAjuku

 

(2014年2月21日(金) 14:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌謡曲~フュージョンまで活動歴豊富!温厚な先生がゼロから優しくレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ