全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 One Passionドラムスクール スクールブログ 電子ドラム

電子ドラム

こんばんは。
コーチの大山彰吾です。
今日は自宅での練習について書いてみます。

「家でドラム叩けるよー」

って人はそうそういないかと思います。

ほとんどの人は、練習パッドや電子ドラムでしょう。
または脚のモモの部分をパタパタと。

僕は自宅では電子ドラムですが、
生ドラムと電子ドラムとでは
音の出方や筋肉の使い方もリバウンドも違ってきます。
僕らが演奏する楽器って生ドラムの方なので、電子ドラムでなれると変な癖がついてしまうんですよね。

コツとして、
ちょっと音の聴き方を変えて練習しています。
みなさん、耳が完全に塞がれた状態ってどうですか?
少し窮屈に感じませんか?

ヘッドフォンを少ーしだけずらします。
こうすると打音とヘッドフォンの音 が両方聴けるので、
するといい感じに脱力できますね。

バウンスコントロールは
スネア、タム、フロアタム
どれも同じバウンスになりますし
シンバルもやはり「midiパッド」です。
コレらはベロシティの値もあるのでどんなに強く叩いても最大値って決まってますし。

肘の動きからストロークをコントロールするようにしないとめちゃくちゃ跳ね返ってきますから。

電子ドラムはあくまで身体の動きやフレーズの確認をするツールとして使っていくといいんじゃないか。
と思います。

やはり生ドラムの生演奏の魅力には
かないません!

生ドラムは人間そのものが音として出ますしね^_^

感動はそこから産まれるんです。

今日はこんなところです。

それでは!

 

(2014年1月28日(火) 23:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド時代は年間100本以上のライヴも!体にあったセッティングからOK

One Passionドラムスクール
大山彰吾 (ドラム)

新宿・吉祥寺・中野・高円寺・荻窪・東新宿

ブログ記事 ページ先頭へ