サイタ音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ バスドラのチュ...

バスドラのチューニング

始めに!
これは僕なりのチューニング方法です。

ダルダルにならない程度に張ります。
そしてフロントと打面をスティックで叩き、
同じくらいの音程に合わせます。
そして中に毛布などのミュートなんですけどそこまで大きくないものを入れます。
大体面積的にはシングルサイズの毛布半分くらいの大きさですかね。
それをバスドラの下に敷くように起きます。
フロントベッドには割とくっつけた感じにし、打面側は少しつくくらいに敷きます。
敷き終わりましたらその上に重りを乗せます。
重りはパールとかから出ているものがあるといいですね。
これで完了です。
僕は結構アタックのある感じが好きなのでビーターはDWのものを使ってます。
そのプラスチックの方で叩く!

これが僕なりのチューニングです。
好みもあるし、結構チューニングは十人十色なのですが、
機会があれば試していただきたいと思い書いてみました。
是非お試しあれ!!

 

(2014年1月27日(月) 20:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ