全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ バスドラの踏み...

バスドラの踏み方

バスドラってどうやって踏んでますか?

なんて事を聞くんだ!
足で踏むに決まってるじゃないか!
ほんとその通りです(笑)

前に踏む時の位置を書いたと思います。
ペダルの前方ではなく真ん中あたりを踏むと踏みやすいと言う事を。
そしてその踏んだ後の話しをします。

たぶんドラムをやっている人の大多数が踏んだ後バスドラの打面にビーターをくっつけたままだと思います。
これってプロドラマーの人でもこの奏法の人が多いと思います。
ちなみに僕は叩いた後は離します。
これはドラマーの渡嘉敷祐一さんにお会いした時に教えていただきました。
ちょうどレコーディングを見に行かせてもらってたんですけど空き時間に
「ちょっとバスドラ踏んでみて」
って言われたんですよね。
当時はバシバシ叩いてたし、ペダルを踏んだ後打面にくっつけてました。
そうしたら
「それじゃあバスドラがかわいそうだよ。」
と言われ、
「こうやって踏むんだよ」
と言って見せてくれました。
その踏み方が踏んだ後打面から離してたんです。
言葉で書くと、
「トーン、トーンという風に踏むんだよ」
と教えてくれました。
ほんと言葉で表すと難しいんですけどね
そこから離すように練習して見につけました。
確かにそうする事によってベースとの兼ね合いが非常によくなりました。
ドラムって叩いたら終わりではなくて叩いた後に余韻があるもんなんですよね。
その余韻を感じるか感じないかでドラムのリズムの懐の深さが出てくるものだと思います。
これってビーターをくっつけて叩く事に慣れてしまっていると凄く難しいんですけど試してみる価値はあるかなと思います。

 

(2014年1月26日(日) 21:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ