全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 板倉ドラムス スクールブログ どんな練習がい...

どんな練習がいいのかな


こんにちは。

全くの初心者の方はさておき、練習方法で悩んでおられる生徒さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、課題曲があればその楽曲に合ったフレーズの練習をすればいいかもしれませんが、ストロークやコンビネーション、リズムパターンとなってくると、内容によっては同じことの繰り返しで退屈になってしまうかもしれません。

ストロークなどの技術的なものについてはここでは触れませんが、方法としてはそれこそたくさんあります。
今回はそれらたくさんの中の一例を紹介します。


分銅の重さで左右に揺れるメトロノームをお持ちの方はできないのですが、それ以外の電気式のものをお持ちの方はヘッドフォンをつなぎ、耳元で直にガイドを聴いて叩いてみてください(もちろんドラムセットで練習することが理想ですが、そうもいかなければ練習パッドでもけっこうです)。

ヘッドフォンで耳をふさいだ形になりますので、自分の出している音がミュートされ、聴き取りやすくなると思いますし、レコーディングの練習にもなります。

レコーディングは時間との戦いです。時間がかかったからといっていいものができるという訳ではありません。
時間がかかればお金もかかりますし、何より集中力がもちません。最悪、妥協の産物になります。
いいものを作りたいからといって奇跡を待って何度もプレイすることは、表現は悪いですがイカサマと同じです。そのプレイはライブでも毎回できないといけないのですから。
めったにないことだからこそ、いつも通りプレイできる練習がもっとも大事なんですね。

もしリズムパターンの練習をされるなら、ついでに録音もしてみてください。
「自分はガイドを聴きながら叩くとどのようになるのか」の参考になります。ジャストなのか、前ノリか後ノリか。あるいは一定に叩けずにばらつきが出るなどがわかります。

さらに環境に恵まれてる方は、映像も撮ってみましょう(録音も兼ねられますね)。
鏡の前でプレイされるのもいいのですが、鏡を見ながら叩くよりは自然な画が見られると思います。

恥ずかしいかもしれませんが、サウンドとビジュアル面双方の現状を理解すれば、今後の傾向と対策を講じることができます。
自分がどう動けばどう人の目に映るのかが客観視できているので、頭の中で簡単に想像できるようになってくるんですね。
姿勢が悪い、フォームが悪いなどは人それぞれですが、本番で恥をかくよりも、まず練習で恥ずかしい思いを先にしておいて本番に備えた方が失敗は少ないでしょう。していい失敗と悪い失敗がありますから。

物事は、創意工夫次第で楽しくも単調にも、積極的にも消極的にもなるのです。

 

(2014年1月26日(日) 15:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動15年!基本はもちろん、ステージ経験も聞ける

板倉ドラムス
板倉隆志 (ドラム)

三ノ宮・西明石・東加古川

ブログ記事 ページ先頭へ