全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール・ポリリズム スクールブログ 機械のようなク...

機械のようなクラフトワーク

坂本龍一さんが所属する日本を代表するテクノグループと言えば勿論YMOですが、彼らが音楽性やコンセプトを決めるのにモデルとしたのがドイツのバンド、クラフトワークということはあまりにも有名な話です。

クラフトワークは電子音を音楽に用い始めた前衛音楽家のシュトックハウゼンに影響を受けがら、パンクムーブメントを横目に、シンセサイザーの流通を機にテクノというジャンルを形成してゆきます。
初期メンバーには同じくドイツを代表するバンドNEU!のメンバーもいて、その音楽性が混在していてとても面白いです。メンバー入れ替えを気によりテクノな方に傾倒してくのですが、その音楽性は同時代的にはニューウェーヴというジャンルに派生し、デヴィッドボウィにも影響を与え、前述のYMOは相互的な影響下にあったとも推測されています。

クラフトワークは現在はMACを並べてほぼ音源を流しながら視覚的な作品を愉しむスタイルになっていますが(紅白でサカナクションが真似していましたね)初期はドラムを叩いていましたし、フルートがいたり、ギターがいたりするのですが、少しずつドラムもシンセドラムになり、シンセサイザー主体になってゆきます。ビート自体は同時代のクラウトロック同様シンプルでソリッドな8beatで、ピストルズのようなエモーションもなく、冷たく機械のように、それこそがクラフトワークのテーマでもありました。自らをマシーンに見たててのパフォーマンスなども少しずつ確立し、未来派としてのイメージを全面的に背負うことで人気を確立していったのです。

最近では高性能なエレキドラムもありますが、パッドをセットに組み込んだり、バスドラムだけパッドにしたりという半々くらいのセッティングがレディオヘッドやジェイムスブレイクの影響もあり多い気がします。エレクトロニカ系ではクリッチノイズや環境音との同期が必要なためにPCがエレクトロでドラムはあくまで生というパターンも多いですね。サンプリングの台頭や、DJ的なセンスという部分でも生ドラム感への回帰は00年代以降の流行でもありました。

最近ではYMOも生演奏だけで演奏したり、逆にきゃりーぱみゅぱみゅはまるっきり口パク前提だったり、なにをどう面白いと思うかというセンスが求められる時代なのかもしれません。

機械のようなクラフトワーク

(2014年1月25日(土) 7:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

ドラムスクール・ポリリズム
水口彰太 (ドラム)

横浜・目黒・渋谷・新宿・新横浜・鴨居・町田・祐天寺・都立大学・自由が丘・白楽・東新宿

ブログ記事 ページ先頭へ