サイタ音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ 楽器との出逢い...

楽器との出逢い♫

どうもこんばんは〜
なんか随分札幌は雪が増えましたなぁ〜。
ザ・冬!って感じですなぁ〜。

さてさて、今日は楽器との出逢いについて書いてみたいと思います。
みなさんドラムの楽器を何か持ってますか??
いきなりドラムセットを買うってのもなかなか難しいですよね。
事実僕もドラムセットが全て揃ったのは5年前くらいでした。
プロの活動を開始し出した時に持っていたのはスネアが3台とペダル、シンバルが何枚かでした。
バスドラやタムは持っていなかったのでレンタルしてもらったりそこのスタジオにある物を借りてました。
なんとかなるもんですよね〜。
なので大体この3点を原付に積んで現場に行ってました。
足元がパンパンなんでめっちゃ足開いてヤンキー風に乗ってました
インリンもビックリですね(笑)
ってなわけでまず大事なのはペダルとスネアですね。
今日はまずスネアでいってみましょ!

僕が今メインで使ってるスネアがSONORのデザイナーシリーズというものです。
これを買った経緯というのが僕のプロフィールにも書いてあります笹路正徳大先生にあるんです。
ハタチくらいの頃笹路さんには非常にお世話になっていました。
毎週お会いする機会がありその度にダメ出しの嵐でした
その時はまあ割とお手頃なスネアをつかってたんです。
とある日、笹路さんに、
「なんでこのスネア使ってるの?」
と聞かれ僕は特にお金があるわけでもなかったので
「昔から使ってるからです。」
と答えました。
そこからだいぶ色んな事を言ってくれまして、
結果いい楽器(高い)を使え。
じゃなきゃいい音がわかるわけがないだろ。
上手くなりたいなら買った方がいい。

と言われたのです。
当然お金もないハイパーびんぼーミュージシャンなわけですぐ買えるわけもなかったんですがひとまず知り合いが楽器屋で働いていたので行って
「高い楽器試奏させてください。」
と。
凄い事言ってますよね(笑)
知り合いは快く高いスネアを持ってきてくれました。
その中にあったのが今使っているスネアなのです。
いろんな値段のものがありましたが僕が選んだのは12万円のものでした。
まあ男のローンで買いましたが…(笑)
実際当時は何がいいのかもよくわかりませんでした。
そりゃそうですよね。
いい音を知らないんですもん。
ただ僕はミーハーな所もあるのでSONORと言えば青山純さん!
青山さんの様になれるかな、
という安易な感じでした(笑)
だけど今思うとこのスネアを選んで大正解でした。
色んな現場に持って行きましたが大好評!
簡単に言うといい音だとわからずに使っていたが周りの人達に僕は恵まれていたのでそういう現場でいい音を覚えて行ったんですね。
感覚を鍛えていったといいますかね。
ほんと笹路さんにスネアを買う事を言われなかったら今の自分のサウンドは無かったでしょう。
この頃から楽器は出会いだと思うようになりました。
ただなかなか今のスネアを超える出会いはないですね。

まあ長々と書いてしまったのですがスネア一つとってもいろんな種類があります。
たくさん試奏して色んな楽器と触れ合いいい出会いをして欲しいと思います。

 

(2014年1月23日(木) 20:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

新着記事

どうも! 久しぶりにブログを書いてみようと思います。 と言いましても… ちょっと最近の近況報告も兼ねまして 最近東京に遊びに行ってきました。 約1年半ぶりでしたね〜 ぼく個人的には豚骨ラーメンが大好きで、 沢山食べてきてしまったのですが… あ、これはいいとして、 ...

どうも、お久しぶりです。 インフルエンザが流行ってるようですが皆さん大丈夫ですか?? さて、そんな中私事ですが今年初ライブを先日してきました。 やっぱりライブってのはいいなと実感しました。 ステージに立つって事は誰しもが立てる所ではないと自分では思います。 なのでこうやってステー...

長年使っていたシンバルにヒビが入ってしまいました。 凄くショックでして。 自分が仕事を始めたくらいになきゃダメだろって思って男のローンで買った一つです。 その時買った物の2枚は既に割れてしまってるんですが、 今回ヒビの入ったものは必ずセットの中に入ってたものです。 凄くお気に入りなん...

って大事ですよね! ただメトロノームにピッタリ合うからといっていいってもんではなかったりします。 僕が思うのがドラムという楽器はあくまで人間が奏でるもの。 今の時代機械で作ったリズムが増えています。 なので人間がやるってとこに意義があると思ってます。 だからといって自分の思うがままに...

始めに! これは僕なりのチューニング方法です。 ダルダルにならない程度に張ります。 そしてフロントと打面をスティックで叩き、 同じくらいの音程に合わせます。 そして中に毛布などのミュートなんですけどそこまで大きくないものを入れます。 大体面積的にはシングルサイズの毛布半分くらい...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ