全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ドラムスクール・ポリリズム スクールブログ スポーツトレー...

スポーツトレーニング理論を練習に活かす

1) 特異性の原理
ある運動能力を高めるにはそれと同類の運動でトレーニングしないと効果がありません。このことをスポーツ用語で"特異性の原理"と言います。FCバルセロナではサッカーボールを使った練習しかしないそうです。これはドラムにも言えることだと思います。どれほど走り込んでも4way系で左足を動かす神経が通るわけではありません。

2) 可逆性の原理/反復性の原則
またトレーニングで向上した身体能力はトレーニングをやめれば元の状態に戻ります。コレを”可逆性の原理”と言います。手こずっていたリズムパターンがしばらく寝かせておいてできるようになるという現象は"記憶の整理と定着"が起きているためで、うまくなったと勘違いして"反復性の原則"を損うとすぐに出来なくなってしまいます。一定期間反復して練習しないと効果がないということです。

3) 意識性の原則
スポーツトレーニングには"意識性の原則"というものがあります。これはそのトレーニングは何を強化するためのものか、常にその狙いを意識することによってトレーニング効果を上げることが出来るという考え方です。単純な基礎練習にもちゃんとした目的意識が必要です。こなすだけになると練習の質が落ちでしまいます。クリック練習も8分、4分、8分裏、16分裏、とカウントを別けながら丁寧に自分のBeatをチェックするだけでただのクリック練習とは変わって来ますし、自分の着地点が見えていると言えるでしょう。

結果、ちゃんと練習しよう、ということですね(笑)。

Cyta.jp「2014年新春キャンペーン」がスタートしました。

1月に体験レッスンをお申し込みをされた、先着500名様限定で【入会金が無料】

さらに抽選で1名様は、レッスン代が【1年分無料】となるキャンペーンです!

こちらのキャンペーンが大好評につき500名追加となりました。

▼2014年新春キャンペーン

http://cyta.jp/cp/2014mg

スポーツトレーニング理論を練習に活かす

(2014年1月20日(月) 19:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

ドラムスクール・ポリリズム
水口彰太 (ドラム)

横浜・目黒・渋谷・新宿・新横浜・鴨居・町田・祐天寺・都立大学・自由が丘・白楽・東新宿

ブログ記事 ページ先頭へ