サイタ音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ リムショット

リムショット

オープンリムショットって知ってますか??
ロックなドラムを叩く上では必要技術と自分では思ってます。
これはですね、簡単に言うとスネアを叩く時にフチも一緒に叩く奏法なんですね。
どういう効果があるかと言うと音が凄く抜ける様になります。
どういう事かと言うと、自分の出した音をバンドのメンバーに聞こえやすくする。
まあ単純に叩いていて気持ちがいいというのもありますが…(笑)
一度試してもらうと良くわかると思います。
ただスネアのフチと打面を一緒に叩くというのはなかなか安定しないものです。
そういう時は自分が通常叩く場所にスネアの高さを合わせると安定しやすくなります。
一回リムショットの音を体感してその音を安定して出せる様にしていくと気持ちのいい音でプレイできると思うのでもし知らなかった方は是非お試しあれ!!

 

(2014年1月19日(日) 18:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

新着記事

どうも! 久しぶりにブログを書いてみようと思います。 と言いましても… ちょっと最近の近況報告も兼ねまして 最近東京に遊びに行ってきました。 約1年半ぶりでしたね〜 ぼく個人的には豚骨ラーメンが大好きで、 沢山食べてきてしまったのですが… あ、これはいいとして、 ...

どうも、お久しぶりです。 インフルエンザが流行ってるようですが皆さん大丈夫ですか?? さて、そんな中私事ですが今年初ライブを先日してきました。 やっぱりライブってのはいいなと実感しました。 ステージに立つって事は誰しもが立てる所ではないと自分では思います。 なのでこうやってステー...

長年使っていたシンバルにヒビが入ってしまいました。 凄くショックでして。 自分が仕事を始めたくらいになきゃダメだろって思って男のローンで買った一つです。 その時買った物の2枚は既に割れてしまってるんですが、 今回ヒビの入ったものは必ずセットの中に入ってたものです。 凄くお気に入りなん...

って大事ですよね! ただメトロノームにピッタリ合うからといっていいってもんではなかったりします。 僕が思うのがドラムという楽器はあくまで人間が奏でるもの。 今の時代機械で作ったリズムが増えています。 なので人間がやるってとこに意義があると思ってます。 だからといって自分の思うがままに...

始めに! これは僕なりのチューニング方法です。 ダルダルにならない程度に張ります。 そしてフロントと打面をスティックで叩き、 同じくらいの音程に合わせます。 そして中に毛布などのミュートなんですけどそこまで大きくないものを入れます。 大体面積的にはシングルサイズの毛布半分くらい...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ