全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン スクールブログ 練習の必須アイ...

練習の必須アイテム(2)

■スティックの次に用意するもの

それは「メトロノーム」です。

正確なタイム感を身につけるために絶対に必要な練習アイテムです。

メトロノームは大きく分けて

・機械式
・電子式
・アプリ

に分かれます。

ドラムの練習で使用するのであれば電子式かアプリの2択です。(機械式は持続時間が短すぎるのと音量が小さいのでドラムの練習には不向きです)


■必要な機能
4分、8分、3連符、16分で鳴らせて、いろいろな拍子が選べて、アクセントの有無の設定が出来たりすれば十分でしょう。ほとんどメトロノームが最低限そのような機能は備えていると思います。


■高機能モデル
電子式のメトロノームの中にはドラマーの練習に特化したモデルがあり、高機能でかなり使い勝手が良くなっています。価格はそれなりに高く、一万円以上しますが使いこなせば心強い武器になってくれるでしょう。


■メトロノームアプリ
メトロノームにそんなにお金は出せないという方は、もしスマホを持っているならメトロノームアプリがおススメです。無料のものもありますし、高くても数百円というレベル。

それでも機能的には十分過ぎるほどの高機能なアプリがたくさんあります。私もiPhoneにメトロノームアプリを入れて、練習ではそれを活用しています。


■注意
あまりにもコンパクトな安価な電子式のメトロノームは買わないこと。イヤホンジャックがミニで普通のイヤホンが挿せなかったり、音量が小さくてドラムの練習には使えなかったりします。


初期段階でメトロノームを使って練習するか、使わないで練習するかは後々大きな差となって表れます。早い段階で用意して練習の時は必ずメトロノームを鳴らしながら練習するように心がけましょう。


どういった機種やアプリを選んだらいいか、分からない人は遠慮なく聞いてくださいね。

 

(2014年1月17日(金) 23:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

YOU先生のドラムレッスン
TAKIMOTOYOU (ドラム)

高田馬場・池袋・秋葉原・水道橋・北千住・松戸

ブログ記事 ページ先頭へ