全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ シンバルって

シンバルって

かなり色んな種類がありますよね。
大きさ、厚み、メーカーも色々とありますよね。
どういう音楽をやるかによってチョイスをするといいと思います。
結構ハードな音楽をしている人は厚めのシンバルを使ってる人が多いとは思うのですが、
僕は割と薄めのシンバルが好きです。
自称歌モノドラマーなので(笑)
あと自分はあまりピカピカのシンバルは好きではないんです。
新しいシンバルを買っても手垢をベタベタつけます。
なんか汚いなぁって思うかもしれないんですがこれは理由があるんですね。
新しいシンバルだと音がきらびやかすぎてしまうんですよ。
なので少しサビさせるという作業なんですね。
そうすると高音の部分が落ち着いてきて楽曲のなかで馴染んでいくんですね。
昔聞いた話しだとそのサビさせる為に土に埋めるという方法をとる人がいると聞いた事があります。
しかもその人は物凄い有名ドラマーの方だと…
色々と方法がありますよね〜

 

(2014年1月14日(火) 19:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ