全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ 打点

打点

どうもこんばんは。
いやぁ〜、札幌はほんと寒い。
道路もほんとツルツルです。

さて、今日はちょっと打点について。

ドラムを始める時にドラムを叩きますよね。
その時に色々と試してほしい事があります。
一つの太鼓と言っても叩く場所はたくさんありますよね。
真ん中や端っこの方など叩く場所は様々あります。
その色々な場所を叩いてみてほしいんです。
結構音が違うもんなんですね。
中心付近でも違うんですよ。
これを体感してほしいなと。
その中で自分の好きな音だ!ってとこを思いっきり叩く!
それを繰り返すとこれが立派な一つ打ちです。
叩きながら耳で良く聞いているとだんだんばらつきがわかるようになってくるんです。
そのばらつきの原因はタイトルにもある「打点」って事です。
最初の方にも書いたように叩く場所によって音が違うんですから。
だいたい目標にしてもらいたいのが500円玉の中に入るように叩けるようになると安定してきます。
ここだ!と思う場所に向かってスティックを振り下ろす。
ただし500円玉くらいの中に。
というのを意識してみてください。
ドラムには色々な役割がありますがバンドの中でリズムの中心になる事が多いです。
メンバーにしっかりと自分の刻んだリズムを伝える為にも音の安定というのは切っても切れない関係なのです。

 

(2014年1月10日(金) 21:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ