全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 田部井 啓人ドラムスクール スクールブログ 2014年!明...

2014年!明けましておめでとうございます!

皆様、お元気ですか?

私はお陰様で元気で無事年を越しました!

私事ですが、昨日1/2初詣に行ってきまして、おみくじも引いてきました。

おみくじの中身は内緒です(笑)

なので、一昨日の元旦よりは昨日1/2より行動開始って感じですかね (^ ^)

本年も更にレッスンやライブ、レコーディングにと精力的に活動していきますので、

皆様、本年も宜しくお願いします☆☆☆

ご挨拶だけでは味気ないので、本日はグリップの種類についてご紹介します。。。

まず、グリップには大きく分けて2種類あります。

①レギュラーグリップ(トラディショナルグリップ)
②マッチドグリップ

①は、右手は親指の第一関節のはらと人差し指の第一関節でスティックを挟んで持ち、残りの指はスティックを包み込むように握り込んで手の甲が上を向く、皆様に馴染みのある持ち方で、左手はスティックを親指の付け根で強く挟んで持ち、薬指の第一関節と第二関節の中間にのせて、上から人差し指と中指を軽くそえて持つ、手の平を上に向けて持つ持ち方です。

②は①の右手の持ち方を左手でも同じように持つ、いわゆる左右対称の持ち方ですね。

で、上の①は1種類しかありませんが、②はマッチドグリップの中にも3種類ありまして、

②-1⇒手の甲が上を向くジャーマングリップ
②-2⇒親指が上を向くフレンチグリップ
②-3⇒手の甲が斜め45度上を向くアメリカングリップ

以上の3種類となります。

特徴を説明します。

まず、ジャーマングリップは腕とスティックが一直線上になるため、手首を使ってのコントロールがしやすく、また、ダイナミクスをつけたプレイがしやすいです。

フレンチグリップは、別名ティンパニグリップとも呼ばれ、親指を上に向けた形でショットします。また、親指を支点にスティックのバウンドを利用しながら指を細かく動かす事で速く叩けます。しかし難点は、ある程度親指の第一関節が外側へ反る人じゃないと、スティックの跳ね返りを最大限利用しにくいという事があります。

最後にアメリカングリップですが、特徴はというと、ジャーマングリップとフレンチグリップのちょうど中間というイメージなので、特徴も中間的です。なので、ダイナミクスも付けやすく、また、スピードを要するショットにも向いていると言えます。ただ、難点はスティックの軌道が安定してくるまでには少々慣れが必要かもしれません。。。

ちなみに私はジャーマングリップ派でございます♪♪♪

では、今回は以上です。

改めまして、今年も宜しくお願いします m(_ _)m

 

(2014年1月3日(金) 0:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

福山雅治など共演歴多数!教則本も発売されたプロ中のプロ

ブログ記事 ページ先頭へ