全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 SNGドラムスクール スクールブログ スネアの材質い...

スネアの材質いろいろvol2

今回は金属製のスネアをご紹介!
木胴のスネアと同じく、色々な金属のスネアがあるので、それぞれに特徴があります。
基本的にパワーや音圧に優れ、ロックやメタル、ハードロックにもおすすめです。


1.スチール(鉄)
もっとも一般的な素材です。
音の輪郭もしっかりしていて抜けも良くアタックもしっかり出ます。

2.ブラス(黄銅)
スチールよりも柔らかい素材なため、柔らかい音がします。
また倍音が多いので、深みのある音です。

3.アルミニウム
缶飲料にも使われている素材で、スチールにくらべ非常に柔らかく、そのため金属のスネアの中では一番明るく、軽い音が出ます。
金属を使いたいけど、軽い音がほしい・・・という方におすすめ。


他にもチタンやベルブラスなど、色んな種類の金属スネアがありますが、ここでは一般的な金属スネアをご紹介しました。


今回2回にわたってスネアの材質による違いをご紹介しましたが、参考になったでしょうか?
ひとつ大事なのは、ここにあげたのはごく一般的な知識であり、全てではない・・・ということです。


同じスチールのスネアでも、ヘッド(皮)や深さ、メーカーの違いで、様々なサウンドキャラクターを持っています。
また金属のスネアはロックやメタルに向いている・・・と書きましたが
木胴のスネアでも、十分に大音量のするのもあります。
楽器屋へ行けば、色んなスネアを試奏することが出来るので、実際に叩いて、自分にあったスネア、自分の好きな音がするスネア・・・を探し出してください!



 

(2013年12月29日(日) 23:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国約30箇所のツアーは大盛況!激しいドラムが好きな方は、特におすすめ

SNGドラムスクール
向井真五 (ドラム)

渋谷・新宿・吉祥寺・初台・笹塚・明大前・上北沢・千歳烏山・調布・西調布・府中・聖蹟桜...

ブログ記事 ページ先頭へ