全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 SNGドラムスクール スクールブログ スネアの材質い...

スネアの材質いろいろvol.1

今回は少しマニアックな内容に触れてみたいかと。
今回はスネアの材質について話してみようと思います!

スネアの材質は
大きくわけて木と金属のふたつにわけられます。

今回は木でできたスネアについて話そうかと思います!
木胴のスネアは木特有の暖かみのある丸いサウンドが特徴。
その中でもいくつかの種類に分けられます。



1.メイプル(カエデ)
軽くて硬い素材で明るく暖かいサウンドが特徴。またアタックも十分稼げます。
木胴スネアの中でも最もオーソドックスな材質で
僕の使っているスネアもメイプル製です。

2.ビーチ(ブナ)
主にタムタムなどに使われている素材で、メイプルやバーチよりも中低音がよく出ます。
バーチよりも落ち着いた音がほしい方におすすめ。

3.バーチ(カバ)
メイプルに比べて、重くやわらかい素材です。
そのため低音が強くでますが高音が少し抑えめな印象。
落ち着いた音が欲しい方におすすめです。

4.オーク(ナラ、カシ)
木胴シェルの中でも特に堅く重たい素材です。
パワーや音に太さを求める方におすすめ。



他にもマホガニーやゼルコバなど様々な材質のスネアがありますが、ここにあげたものが特に一般的なもの(だと思う!w)です。


僕はずっとメイプルのスネアを使っています。
金属のスネアにはない暖かい響きがしますし、叩いたときの
スパーンスパーン!!
っていう音が好きだからです。要は好みですね!

スネアの材質による違いなどは、必ずしっておかなけらばいけない・・・というわけではありません!
ただ知らないより知っておくと得!くらいで、軽く読み進めていただけたらうれしいです。

次回は金属のスネアについて話していこうと思います!

 

(2013年12月26日(木) 1:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国約30箇所のツアーは大盛況!激しいドラムが好きな方は、特におすすめ

SNGドラムスクール
向井真五 (ドラム)

渋谷・新宿・吉祥寺・初台・笹塚・明大前・上北沢・千歳烏山・調布・西調布・府中・聖蹟桜...

ブログ記事 ページ先頭へ