サイタ音楽教室ドラム教室東京 伊藤ドラム講座 スクールブログ 休符は大事です...

休符は大事ですよ。

曲には、ずっと叩きっぱなしの曲もあれば、たまに休みが入る曲もあります。譜面上の休みのところには休符が書いてあります。休符にも色んな長さがありそれぞれ記号が違います。でも、ドラムは休みで叩いてないかもしれませんが、曲は終わってません。手や足は動いてませんが、気持ちの上では演奏していてください。メロディーがあれば一緒に歌ったり。意外と大事なことです。すべて休みにしてしまうと、次に入ったときに気持ちが入らなかったり、ずれたりして、前半よかったのにそこで台無しになります。気をつけましょうね。

 

(2013年12月10日(火) 12:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

尾崎豊との共演をはじめ、プロの現場の知恵をあなたに。ゼロから相談OK

新着記事

たくさん練習をして色々出来るようになると、マイ楽器、欲しくなりますよね~。でも、いきなりフルセットは必要ありません。フルセット広げていつでも叩ける環境がある場合は別ですが、大概は練習スタジオにあるセットを使い、ライブで演奏する機会があっても、ハウスにセットありますし。ならば何を一番初めに手にい...

リズムのビートにはオンビートとオフビートがあります。初めての方は、ん?なんのこっちゃ?ですね。呼吸に例えれば分かりやすいと思います。オンを息を吐く。オフを息を吸う。生きていくためには、息を吐いてばかりではだめですよね。吸ってばかりでもですね。リズムも同じで実音をオン無音をオフ。この無音の部分が...

ドラムで単純に音の長さがわかるものは、シンバル類とスネアでロールしたときですね。音符には色々な長さがあります。全音符(4拍)、2分音符(2拍)、4分音符(1拍)、8分音符(1/2拍)…続きます。シンバルは叩いた後、その拍分のばした後止めればわかりやすい。問題は太鼓逹。ロールは省きますね。スネア...

大きい音、あこがれますね~。 でも、力一杯叩いてはいけません。力一杯=でかい音。ちがいますよ~。私も昔勘違いしてました。確かにドラマーによって最大音量は違います。しかし、力を入れて叩くと大きい音というよりつぶれた音になります。音が飛んでいきません。自分の中で最大音量出したいときは、まずリラッ...

手で叩くドラムたちは、ヘッドの跳ね返りはあるものの手のコントロールとスティックで演奏します。しかし、バスドラムは足の他にペダルという機械を使って演奏します。自分の力とは別にペダルのバネのり力を利用します。これがなかなか厄介であり慣れが必要です。手の練習ももちろんですが、それ以上にバスドラムの練...

ブログ記事 ページ先頭へ