全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 ドラムでリズム スクールブログ 人間の心理・・...

人間の心理・・・

もう11月もそろそろ終わり、師走に入りますね。

師走になると何故か人の動きが忙しなく見えます。年の瀬でしょうか(^^)

私の書いているブログを今回初めて見て下さった方もいれば、いつも見て下さっている方もいるでしょうし、時々目に付いたら見て下さっている方...様々だと思います。

既に沢山の生徒さんとレッスンをされているコーチもいらっしゃれば、まだ開講したばかりで体験の申込みが入らないコーチもいるコトと思います。

私も現在の生徒さんは1人だけです。
でも次回のご予約を頂き、レッスン日は確定しております♫

出逢いの窓口である体験レッスンで入会して下さるか、体験レッスンだけで終わってしまうかの違い...

入会に繋がらない理由は本当に色々あると思います。
期待を持って体験レッスンに来られた方が入会されないという最大の理由は、その生徒さんにとって「快」を感じれなかったからではないでしょうか。
楽しかった、面白かった、もっとやってみたい...これらの人間が感じる気持ちは全て「快」です。

逆に、自分が思っていたイメージとは違っていた、60分のレッスンが苦痛だった、別のドラム教室を探そう...このような気持ちは「不快」なのです。

コーチが厳しかった、怖かった...これが「不快」というワケでもありません。
これを「快」と感じる方もいるのです。
一人一人が感じる「快」「不快」は違います。

でも「不快」を感じたら「快」を求めたくなるのは当然です。
「不快な場所」で我慢する必要はないでしょう。

体験レッスンを経て入会して下さった生徒さんとの通常レッスンでも同じようなコトが言えると思います。

私も長年に渡り同じ師匠にドラムレッスンを受けていますが、レッスンの中で「こういうの嫌やな〜」と感じるコトはあります。
上達する為には必要な練習なのですが「不快」を生じる場合も当然あります。
でも、また「快」を感じるコトが出来ます。

咲いた.jpのレッスン展開は生徒さんに満足を得てもらうコトに重点を置いていますが、1レッスン60分の時間内だけでも快→不快→快→不快を繰り返しているかもしれません。

レッスンの中で生徒さんの気持ちをより早くキャッチするのもコーチには必要だと思います。
そういう生徒さんの気持ちを常に見て、レッスンは「快」の状態で終わりたいと思っています。

「快」で終われば次回の予約をして頂けるのかもしれませんね(^^)

常に自分磨きを続けていけるのです。

私の場合、体験レッスンに来て下さったのも1人、その方が入会して下さったので...

現在は入会率100%...です(笑)

 

(2013年11月28日(木) 16:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムと出会って29年!お子様向けレッスン~ご年配の方まで大歓迎

ブログ記事 ページ先頭へ