全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ スティック選び...

スティック選び♪♪

はい!どうも〜。
昨日書いたスティック選びの追記で〜す。

そうそう!スティックって先っぽの形が色々と違いますよね?
これも言ってしまうと好みなんですね。
どういうサウンドで音を出したいかってとこですね。
すごくわかりやすいのが真ん丸な先っぽのスティックありますよね。
あ、ちなみに先っぽはチップっていいます。
この真ん丸のチップは打面に当たった時に凄く面積が狭く当たるのってわかりますか?
これって言葉で言うとスマートな感じの音になるんですね。
あの針とか先っぽのとがったもので手とか刺すと痛いですよね。
言うとそういう感じです。
逆に縦長にチップとかは言葉にすると下品な音っていうのかな。
打面に当たる面積が大きくなるのでベチっ!って音かな。
あくまで自分のイメージを言葉にしてるだけなので皆さん試してもらいたいんだけど結構音の感じが違うんですよ。
ナイロンのチップもあるんですがこれは正直自分で長く使った事がないんで体験談は話せないんです。
ただよく言われるのは音のツブが揃いやすいということですかね。
これにも色んなチップの形があるので試してもらえると幸いです。
前にも書いた長さや重さ、太さを決めて後はどういうサウンドにしたいかってとこでスティックを決めていってほしいと思います。
ちなみに自分の話しだと前はパールから出てるLUNA SEAの真矢さんモデルを使ってました。
今年に入ってから変えまして今はビックファースのテリーボジオモデルを使ってます。
変化としてはまずスティックの太さが少し細くなったという点ですね。
長さはさほど変わらないんですが重さの重心が割とチップ側にあるんですね。
これによってパワーが生まれやすくなります。
あとチップは前も今も米俵のような形なんですが今の方がより米俵です(笑)
よくわからないですよね?(笑)
楽器屋さんに行ったらどっちも置いてると思うのでもし機会があれば試してもらえると違いがわかると思います。

自分の意思を太鼓に伝えるスティックなのでこの選びには妥協せずやってもらいたいですね。

 

(2013年11月28日(木) 1:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ