全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室北海道 フミナリドラム教室 スクールブログ スティック選び...

スティック選び♪

さて、スティックは皆さんどう選んでますか?
軽いもの、重いもの、長い、短い、太い、細い…
色々とありますよね。
おそらく楽器屋さんに行ってあまりにもたくさんありすぎてどれにしようかと迷う事は多々あると思います。
あ、これ自分の好きなドラマーのモデルだ!
と言って使う事もあると思います。

簡単に言うと自分の手や体に合ったものを選ぶといいです。
じゃあどんなのか?
これってわからないんですよ。
人間ってみんな同じ体型じゃないですよね?
同じ背丈で体重も同じ。
こういう人はいるかと思いますが手の大きさ、指の長さは人それぞれ違うんです。
それに合わせたものを選ぶ。
これなんです。
楽器屋さんにあれだけ多くの種類のスティックが置いてあるのはその為なんです。
人間の数だけスティックの種類があると言っても過言ではないと思います。
なので遠いですが一番の近道は試してみるということ。
ただこのスティックだと決めたらその中から当たりのスティックを選ぶ必要があります。
あくまで自分の基準ですがまずはスティックを振ってみる。
そこにある決めたスティック全部ですね。
その中から重い物を選ぶ。
これ一次審査です。
続いて二次審査。
これはスティックの木の目の方向を見ます。
これってかなり勘なんですが変な所に木の節のようなものがあるのは避けるようにしてます。
後はスティックの材質によって変化してくるので勘ですね。
ただとにかく同じ種類のスティックでも軽いものは避けた方がいいです。
自分はこれをハズレスティックと言っています。
やはり木なので当たりハズレはありますからね。
その買ったスティックを基準にしてもう少し細い方がいいなとかこれはちょっと長いかなとかで調整していけば自分に合ったスティックに巡りあえますよ!
お試しあれ!

 

(2013年11月26日(火) 23:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ