全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ミュージックドラムスクール スクールブログ バスドラムの二...

バスドラムの二連打

こんにちはー講師の有安です。
今日は寒いと見せかけて暑いですねー。今回は寒さのメカニズムについて解説したいと思います。

嘘ですごめんなさい今日は足の二連打について簡単に説明しますよかったら読んで下さい。

バスドラムのダブルは苦手な人が多いですが、踏めない原因は主に二つです。

脱力も含めた身体の使い方が上手く出来ていない
単純に筋肉と神経が育っていない

この二つです。
今回は筋肉と神経の育て方について簡単に触れたいと思います。

鍛え方は何種類もあるんですけども、今回は一つだけ。

「かかとを地面に付けっぱなしにして、つま先の方でトントン地面を叩くやつ」です。足の裏で地面を叩きます。実際の演奏でやる時は、ヒールダウン奏法とも呼ばれます。

もちろん家でも練習出来ます!
かかとを床に付けっぱなしにして、つま先でトントン床を叩きましょう!

大事なのは、スネの辺りがキツくなるまでやることです。スネの辺りがキツくなったら成功です。上手くやれば一分くらいでキツくなります。つまり一日一分でいいんです。確実に上達します。

逆にスネの辺りがキツくならなかったらダメです。1時間やっても2時間やっても、キツくならなかったら向上はありません。
これはとても大事なことです。上達の速い人はみんな練習の効率がいいです。

今回は足の二連打について書きましたが、なにをするにも練習上手であることはとても大事です。ささっと上手くなっていきましょう!

 

(2013年11月8日(金) 11:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

指導歴約10年・サマーソニック出演も。上達の加速、体感できます

ブログ記事 ページ先頭へ