サイタ音楽教室ドラム教室東京 ミュージックドラムスクール スクールブログ シングルストロ...

シングルストロークロール

こんにちは、講師の有安です。

今回はハンドテクニックのシングルストロークロールについて。
なにやら長い横文字ですが、要は右左右左〜と左右交互にタカタカ手で叩くやつです。連打です。

会話での使い方としては、
「ライブ前のウォーミングアップはシングルストロークロールをやってるよ」
「シングルストロークロールならテンポ180の16分まで出来るけどね」
といった風に使います。なるべくかっこつけましょう。

さて、このシングルストロークロールは最もシンプルで効果的な基礎練としてみんなが練習するんですが、練習する際に注意すべき点があります。

それは、ずばり「ストロークの幅をなるべく大きく取ること」です。

ここでまず認識しておきたいのはハンドテクニックにおけるストロークが4種類あることです。
フルストローク
ダウンストローク
アップストローク
タップストローク
の4つです。

ドラマーはこの4つを無意識のうちに使い分けて演奏しています。

シングルストロークロールとは、フルストロークを鍛える為の練習方法です。
なので、ストロークの幅を大きく取らないと、練習にならないのです。もっと分かりやすく言うと、練習しても上達しないのです。

これは多くの人が陥っているポイントのようです。気を付けましょう!

4つのストロークがまずわからないという方は、ネットで調べてみましょう。

「何を上達させる為の練習なのか」
これを強く意識して練習のスピードを上げていきましょう!

ではでは!

 

(2013年10月22日(火) 20:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

指導歴約10年・サマーソニック出演も。上達の加速、体感できます

新着記事

楽しくて自分の希望に沿ったことが出来て、なおかつ上達するようなレッスンを心掛けています!一度体験レッスンに来ていただければよーく伝わると思います、是非是非! よろしくお願いします!

こんにちは、講師の有安です。 今回は脱力と身体を動かすことについて書きたいと思います。 まずは脱力について。何回かこのブログでも触れているかもしれないんですが、みなさんが思っているよりきっとずっと大切なので、何回でも書こうと思います。 一口に脱力と言っても、色んな脱力がありま...

こんばんはー、講師の有安です。 今日は武道館で行われたジョンレノンのトリビュートライブに忍び込んできました。ラブサイケデリコのお二人がチケット用意してくれたんで、ありがたいのでラブサイケデリコいっぱい宣伝しようと思います。 さてさて肝心の内容ですけども、いろーんな豪華ゲストが入れ替...

こんにちはー講師の有安です。 今日は寒いと見せかけて暑いですねー。今回は寒さのメカニズムについて解説したいと思います。 嘘ですごめんなさい今日は足の二連打について簡単に説明しますよかったら読んで下さい。 バスドラムのダブルは苦手な人が多いですが、踏めない原因は主に二つです。 ...

こんにちはー、講師の有安です。 今回はレッスンを受ける意味について考えたいと思います。 なぜレッスンを受けるか。ちゃんと認識しておくのは大事なことです。 当然上達する為にレッスンを受けるわけですが、もう少しだけ深く考えてみましょう。 世の中にはレッスン以外にも、ドラムの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ