全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ねこドラムスクール スクールブログ 手足バラバラ!

手足バラバラ!

初めまして!

コーチの杉之下将一(すぎのしたしょういち)といいます。


初めてのブログなので今回はアイサツだけにしようかなとも思ったのですが、
せっかくのコーチとしてのブログなのでなるべく毎回ドラムのことに触れていこうかなと思います。





さて、タイトルにもあるとおり今回のお話は「手足をバラバラに動かす」ということです。


ドラムをやっている、というと必ず言われることが
「手と足がバラバラに動いてすごいね〜!」

これです。続いて
「私は不器用だからバラバラに動かせないしドラムはできないや」

というお言葉をすごくいただきます。




でもちょっと待ってください、誰でも手足ってバラバラに動かせてませんか?


例えば、自転車。
左右の手で方向やブレーキを調整しながら足で交互に漕ぐ。
一見バラバラに動いてるドラムですが、使っている部分は自転車と変わりません。

例えば、水泳のクロール。
両手で交互に水をかきながら足はバタ足、ときどき息つぎ。

身の回りを探してみると結構実は意識せずにバラバラにできていることってあります。
あまり褒められたことではありませんが、歩きながらの携帯電話も手足バラバラですね。


特によく僕が例えに出すのが自転車なんだけど、自転車ってドラムにすごく似てる。

いちいちハンドルを動かしてペダルを漕いでなんて意識してやっていませんよね。
右に曲がりたいときに「右手を引いて左手を押して重心をやや右に移動して」
止まりたいときに「よし今から左右の手でブレーキを引くぞ」なんて考える人は少ないはずです。

右に曲がりたい時には右に曲がる、止まりたい時にはブレーキで止まる。
進みたければペダルを漕ぐだけだし、切り替え自転車なら切り替えも使う。
これはもう自分がこうしたいと思った時にどういう身体の使い方をしたらいいかということが身体に染みついているからです。


ドラムも同じです。

無意識にできるようになるまで経験を詰む!

これです。(細かいことはレッスンで)


僕のレッスンでは無意識にできるようになるまでいかに楽しく続けられるかというところに重点を置いてレッスンしていきたいと思っています。

ぜひレッスンでお会いしましょう!




自転車とドラムの似ているところ、まだまだたくさんあります。
次回からひとつずつそのことについてお話ししていきます。

それでは!

 

(2013年10月17日(木) 10:49)
この記事を書いたコーチ

身体の使い方からじっくり学べる!ロック~アフリカ音楽まで多ジャンル対応

ブログ記事 ページ先頭へ