全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 田部井 啓人ドラムスクール スクールブログ 僕がドラムに出...

僕がドラムに出会った時 ~パート1~

はじめまして!

ドラムコーチの田部井 啓人(タベイ ケイト)です!

みなさん、宜しくお願いしますね♪♪♪

初ブログなので、今回はドラムに出会ったきっかけを書いてみますね☆☆☆




ドラムに魅了されて、かれこれ30年近くになりますかね、、、

もともと、子供のころテレビで山本リンダさんが「狙い撃ち」を歌っているのに合わせて、

真似して腰を振りながら踊っていた自分を覚えてるんですね(笑)

その後、大きくなっても祖父からよく「あんたはよう踊っとったな~」といわれたのも

覚えてます。

やっぱ、もともとリズムに乗るのが好きで、リズム楽器に耳が行く習性があったのかも・・・。

自然に、ドラムという楽器に興味を持つようになって、

中学の時に初めて良く分からないまま楽器屋さんへ行って、

スティックと教則本を買いました。

そして、電話帳を重ねてガムテープでグルグル巻きにして、

それをスティックで叩いていたのを覚えています。

で、リズムを刻むのに要のハイハットシンバルの代わりはというと、辞書を2冊用意して、

その間に、何故か、のこぎりの刃だけというものを持っていたので、

それを、ぷらぷらしない程度に挟んで、叩いてましたね。。。

教則本は勿論、音符でしか書かれていないのですが、

その頃はまだ、よく分からなかったから、適当によんでましたね(^ ^;

そして、中学時代をそうやって過ごし、高校生になって初めてヤマハのドラム教室に

通いました。勿論、それまで本物のドラムなんて触った事がないので、感動でしたね!

でも、手はある程度動かせるんですが、やっぱ足でペダルを踏むという動作は馴染みが

無いので、ちょっと始めのうちは動かし方が分からなかったですね。。。

でも、やっていくうちに徐々に慣れていって、動かせるようになって嬉しかったですね☆

それで、同時期くらいに友達にバンドに誘われて、始めてバンドでドラムを叩きました。

これが、生まれて初めてのドラマーデビューですね。。。

もちろん曲はコピーで、ビートルズの「バースデイ」という曲でした。

頭からドラムのフィルきっかけで曲が始まるのですが、そのフィルが全くわからず、

楽譜もあるんですが、音符が読めないので、意味がなく・・・

始めはそんな感じでしたね。。。

でも、やはり本当のところが知りたくなり、その頃はカセットテープなのですが、

何度も聞き直して、耳で覚えようとした事も覚えてますね。

その次にやったのが、お決まりの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」でした。

こうやって、いきなりその次は「ハイウェイスター」になり「バーン」になり、

かと思えば、ツェッペリンの「ロックンロール」になったり色々だったな・・・

だから、そのペースについて行くのに、かなり大変だったかな~。。。

こんな感じで、多感な高校時代を過ごして、気がついたら、

音楽やる為に、東京に出てきてましたね(^ ^)

ちょうど、ヤマハの教室で教えて下さっていた先生が、ネム音楽院出身の先生で、

ネム音楽院というのは、今のヤマハ音楽院の前身の学校で、今みたいに東京になく、

三重県の合歓の郷(ネムのさと)にあった全寮制の学校なんですね。

だから、いわゆる都会にない分、ミュージシャンの虎の穴的な学校だったという事を、

その先生から聞きました。

今は、東京にヤマハ音楽院としてあるという事を聞いて、自分も入りたいと相談したところ、

実は、入るには試験があるというではありませんか!!!

是非、自分もそこで教わりたいという熱意一つで、猛特訓して何とか入学できて、

それで、東京へきました。。。

この続きは次のブログで紹介しますね。

いよいよ、学校⇒弟子入り⇒プロデビューです☆☆☆

ではまた、みなさん、これから宜しくお願いしますねm(_ _)m

 

(2013年9月26日(木) 0:35)

次の記事

この記事を書いたコーチ

福山雅治など共演歴多数!教則本も発売されたプロ中のプロ

田部井 啓人ドラムスクール
田部井啓人 (ドラム)

横浜・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒...

ブログ記事 ページ先頭へ