サイタ音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ フルストローク...

フルストロークとアップストロークって必要?

今回はよく教則本などに書かれている4つのストロークについてです。





4つのストロークとは以下の4つです。




1.フルストローク
2.ダウンストローク
3.タップストローク
4.アップストローク




この中で必要なストロークは、





ダウンストロークとタップストロークです。





ダウンストロークとはアクセントをつけるときに使用します。





タップストロークはアクセントをつけないときに使用します。





フルストロークとアップストロークはあまり意識して練習する必要はないと思います。





ダウンストロークを練習しながらテンポを上げていくと、





自然とフルストロークになります。





タップストロークの次にアクセントがくる練習をしながら店舗を上げていくと、





自然とアップストロークになります。





つまりスティックコントロールの練習で、





テンポを上げていくとフルストロークとアップストロークが自然に身に付きます。





ですので、フルストロークとアップストロークの練習は必要ありません。





結局、練習が必要なストロークは、





ダウンストロークとタップストロークのみで十分です。

 

(2013年9月13日(金) 15:37)

前の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

新着記事

今回はよく教則本などに書かれている4つのストロークについてです。 4つのストロークとは以下の4つです。 1.フルストローク 2.ダウンストローク 3.タップストローク 4.アップストローク この中で必要なストロークは、 ...

こんにちは。ドラム講師の川島です。 今日は「なぜ基礎練習をやらなければならないのか?」についてです。 はっきりいって基礎練習は面倒な練習です。 しかも練習内容がとても地味です。 しかし、基礎練習をやる意味が分かればやる気もでてくるはずです...

こんにちは。ドラム講師の川島です。 近くにドラム教室がなくて困っている方はいませんか? 千葉県に新しく3箇所のレッスン会場を追加しました。 松戸・西船橋・津田沼です。 ドラムを始めようと迷っている方で、 ...

拍の中には「表拍」と「裏拍」があります。 この2つを日常生活で意識することにより、 リズム感が飛躍的にアップします。 8分音符の場合、表拍はみんな感じとりやすいです。 「ワン、ツー、スリー、...

ロックなどで高速域のスネアの連打ってよくでてきますね。 今日はスネアの連打に必要なことを簡単に書きます。 ①叩いたらリバウンドを得る ②リバウンドしたスティックを指で押す ③指とスティックは常にくっついている イメー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ