全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ フルストローク...

フルストロークとアップストロークって必要?

今回はよく教則本などに書かれている4つのストロークについてです。





4つのストロークとは以下の4つです。




1.フルストローク
2.ダウンストローク
3.タップストローク
4.アップストローク




この中で必要なストロークは、





ダウンストロークとタップストロークです。





ダウンストロークとはアクセントをつけるときに使用します。





タップストロークはアクセントをつけないときに使用します。





フルストロークとアップストロークはあまり意識して練習する必要はないと思います。





ダウンストロークを練習しながらテンポを上げていくと、





自然とフルストロークになります。





タップストロークの次にアクセントがくる練習をしながら店舗を上げていくと、





自然とアップストロークになります。





つまりスティックコントロールの練習で、





テンポを上げていくとフルストロークとアップストロークが自然に身に付きます。





ですので、フルストロークとアップストロークの練習は必要ありません。





結局、練習が必要なストロークは、





ダウンストロークとタップストロークのみで十分です。

 

(2013年9月13日(金) 15:37)

前の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

ブログ記事 ページ先頭へ