サイタ音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ なぜ基礎練習を...

なぜ基礎練習をやらなければならないのか?

こんにちは。ドラム講師の川島です。



今日は「なぜ基礎練習をやらなければならないのか?」についてです。



はっきりいって基礎練習は面倒な練習です。



しかも練習内容がとても地味です。



しかし、基礎練習をやる意味が分かればやる気もでてくるはずです。



世の中にあふれているアーティストの楽曲のバンドスコアに書いてあるドラムパターンを見てください。



8ビートや16ビート、シャッフルなどさまざまなリズムやフィルインが存在します。



8ビートは8分音符が主体となっています。



16ビートは16分音符が主体となっています。



シャッフルは3連符の真ん中が抜かれたものが主体となっています。



このように8分音符や16分音符、または真ん中の音符が抜かれた3連符が叩けないとリズム自体がきれいに叩けません。



ですので、チェンジアップやチェンジダウン、スティックコントロールの練習が必要となってきます。



楽曲のドラムパターンをどんどん細分化していくと、



とてもシンプルな8分音符や16分音符にたどり着きます。



例えば「ドンパンドドパン」の8ビートです。



ハイハットは右手で8分音符。



スネアは左手で2・4拍に4分音符。



バスドラムは右足で1拍目に4分音符、3拍目に8分音符2つ。



こんな感じで4分音符と8分音符になっているのです。



よって4分音符と8分音符の基礎練習をしていないとリズムにズレがでてきます。



これらのことをいきなり右手・左手・右足でやると、後ほどテンポがキープできないという困る結果になります。



リズムを叩いていて速くなってしまったり、遅くなったりする原因は100パーセント基礎練習にあります。



まずは右手だけや左手だけ、右足だけで4分音符と8分音符の練習して、



出来たらすべて組み合わせます。



プロのミュージシャンがドラムを叩いているのを見て、真似をするのに飽きたら基礎練習を少しだけしてみてください。



とてもゆっくりなテンポからです。



リズムがとても安定してくると思いますよ。

 

(2013年9月7日(土) 20:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

新着記事

今回はよく教則本などに書かれている4つのストロークについてです。 4つのストロークとは以下の4つです。 1.フルストローク 2.ダウンストローク 3.タップストローク 4.アップストローク この中で必要なストロークは、 ...

こんにちは。ドラム講師の川島です。 今日は「なぜ基礎練習をやらなければならないのか?」についてです。 はっきりいって基礎練習は面倒な練習です。 しかも練習内容がとても地味です。 しかし、基礎練習をやる意味が分かればやる気もでてくるはずです...

こんにちは。ドラム講師の川島です。 近くにドラム教室がなくて困っている方はいませんか? 千葉県に新しく3箇所のレッスン会場を追加しました。 松戸・西船橋・津田沼です。 ドラムを始めようと迷っている方で、 ...

拍の中には「表拍」と「裏拍」があります。 この2つを日常生活で意識することにより、 リズム感が飛躍的にアップします。 8分音符の場合、表拍はみんな感じとりやすいです。 「ワン、ツー、スリー、...

ロックなどで高速域のスネアの連打ってよくでてきますね。 今日はスネアの連打に必要なことを簡単に書きます。 ①叩いたらリバウンドを得る ②リバウンドしたスティックを指で押す ③指とスティックは常にくっついている イメー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ