全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 9月6日 8ビ...

9月6日 8ビートと16ビートの違いって?

まず、今日の日記、超長いです。
ホンマに。
くっそ暇な方だけお付き合い下さいませ。
m(_ _)m



生徒さんにある動画を見せてもらい、コレってどうですかー?
と。

内容は、8ビートと16ビートの違いを解説するものじゃったです。

それを見ての率直な感想としましては、
「おうのー。これ10年前のワシの発想やー」
と。笑

この動画の方を否定する訳ではございません!
ってのを前提としまして、笑

世の中、色んな解釈や考え方があると思います。

とある方は
「現代音楽において、8ビートと16ビートの境界線はないといっても過言ではない。」
と言っちゃってる方もおってですが、ワシ個人としましては、その発想が音楽をスポーツにしてしまっとるのではないかと思ってしまいます。

音楽は、芸術とスポーツのどっちかに分けろ!とふざけた問題提示があったとしましたら、ワシは芸術じゃと思います。

おもろい事にビートって意味、捉え方自体もミュージシャンによって様々です。
(一応、Wikipediaにはちゃんと解説してありましたが)

本題からそれそうなので、
取り敢えず、
ワシ的に「8ビートと16ビートの違いって何か?」
を申し上げますと、





よくわかりません!!!!

わはは!


ムっとしたそこのあなた様!
どうぞネットなどで叩かないで下さい!
ごめんなさい。

えーっとですね、
よくわからんっちゅーのも本音なのですが、
「現在」のワシが普段演奏する時の考え方を紹介させて頂きます。

・パターン的な事で言えば、
8分で刻んだもの→8ビート
16分で刻んだもの→16ビート

・ノリ的な事で言えば、
8グルーヴで演奏した時
→8ビート
16グルーヴで演奏した時
→16ビート

てな感じです。

まず、
世の中には色んな解釈、考え方の方がおってです。
これはあくまで、
「コダカリ的」なアレなので、その辺よろしくお願いします!!
ネットとかで叩かないで下さいね!!!




で、

例えば、ある曲があったとします。
他のパートの関係性から、細かい16分のフレーズがハマったとします。(今回はシェイクなどではなく、ハットをチキチキ刻むパターンで。)
じゃけど、
メンバーからの注文で、ノリ的には8ビートな感じで行きたい!と。

どーしましょう?笑

更に注文があって、
ハットのフレーズはチキチキのままで!
とか言われたりしたらどーしましょう?

アプローチの仕方は人それぞれでございます。
例えば、
ワシがこう言った問題に遭遇した時は、「まず」は音色でノリの意識を変えてみたりします。

16分を刻んどって、
8分の頭の音色を太い感じにして、
16分を刻んどる中でも8分が目立つ様に演奏してみます。



話、ちょいと変わりまして、
16ビートの曲を演奏しよる時に、アンサンブルした時に何か違和感を感じる人、いらっしゃいませんか?
16ビートでも、
16グルーヴで感じているか、8グルーヴで感じているかで、雰囲気は変わってきます。

良くあるのが、
ドラムのフレーズで通称「サンバキック」ってのがあります。
これをやればサンバっぽく聴こえるのかも知れませんが、サンバのノリをちょいとでも把握していれば、4つ打ちのキックでもサンバになります。
逆を言えば、
サンバキックしても「サンバになってない!」て事も大いにあったりするかもです。
わーお。


踏まえて、

音色の次は
ノリや雰囲気、グルーヴも意識してみます。
正確に言うと、音色と同時進行で。または逆の工程で演奏してます。



長くなったー!
多分、今までのブログで過去最長ではないでしょうか?
ここまで読んだあなたは暇だったのでしょうか?
ホントすみません!
貴重なお時間、ありがとうございます!!

コダカリ的にまとめます!!!


「現代音楽において、8ビートと16ビートの境界線はないといっても過言ではない。
ですが、
意識を変える事で、より音楽的に演奏を、聴く事を、より楽しめるようになると思います。」

で、如何でしょう??
ご意見、ご感想はノーサンキューでお願いします!笑



こだかりどらむ音楽教室
小鷹狩 大介


 

(2013年9月7日(土) 1:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・五反田・渋谷・原宿・溝の口・登戸・町田・都立大学・自由が丘・新丸子・池尻大橋・...

ブログ記事 ページ先頭へ