全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 よしかわドラムスクール スクールブログ 音楽をやるのに...

音楽をやるのに必要な事。迷惑編。

お疲れ様です。よしかわです。

少し間が空いてしまいました。
最近何をしていたかと言うと、サポートでライブをやったり、音楽仲間との時間を大切にしていました。

サポートライブでは群馬県高崎市にあるClub FLEEZでモデルさんバンドのサポートを。
依頼が来たのは本番10日前でした(笑)

翌日は六本木でアニメソングのバンドサポートを。
依頼が来たのは群馬から帰宅した直後でした(笑)

何故前日の夜に依頼が来たのかと言いますと、そのバンドのドラマーさんがスタジオにも現れず、連絡も取れなくなってしまったのです。

え?って思う方が多いと思いますが、実は結構こうゆうこと多いんです。

当然バンドメンバー達は困惑してしまいます。
とても迷惑がかかります。

もし皆さんがバンドを組んで、ライブをやるとなった場合、連絡も入れずに逃げてしまうのだけは止めて欲しいです。

逃げた本人は、バンドメンバー達に迷惑かけちゃった…と思うだけかも知れません。

ドラマーが居ないとバンドはライブが成り立ちませんよね?

結果出演をキャンセルして、高いキャンセル料を支払い、イベント自体の運営を狂わしてしまい、出演者さんやイベンターさん、ライブハウスの方にも迷惑が掛かります。

幸い今回僕が代役になれたので丸く収まりましたが、やはり最後まで責任を持ちましょう。

人として当然の事です。
信頼関係があってこそバンドです。
趣味でも本気でも、バンドをやるなら責任を持ちましょう。

ドラムは叩くだけなら簡単です。
ですが楽曲の完成度を上げるのは簡単ではありません。

もし叩けなくて困ってる方がいらっしゃいましたら、早めに一度無料レッスンを受けてみて下さい。

経験談をお話しながら、楽しく、やや厳しく?(笑)指導致します。




今回あまりドラムの話じゃなかったですね!
今回はバンドについてのお話でした。

ではまた!

よしかわでした!

 

(2013年8月22日(木) 12:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

CD全国発売、多くのバンドでのサポートなど精力的に活躍。母校で講師も

よしかわドラムスクール
吉川卓 (ドラム)

新宿・高田馬場・池袋・小手指・所沢・新所沢

ブログ記事 ページ先頭へ