全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ お盆でした。

お盆でした。

オーディオライターの
岩田由記夫さんが
自身のツイッター上で
『盆追悼聴き』と称して
今はなき
ミュージシャンの
お気に入り曲(アルバム)
を聴くという事を
やっておりました。

岩田さんは洋楽の
ミュージシャンの曲を
引き合いに紹介して
おりましたが

なるほど
お盆は日本の風習ですが
ファンとしては
この機会に
外国のミュージシャンを
追悼しても別に
かまわないものだ
と思いました

90年代に青春を
送られた世代ですと
ニルヴァーナの
カート・コバーンが
衝撃をもって記憶に
あるのでは
ないでしょうか

迎え火を焚くまでは
ないでしょうが

ニルヴァーナの
『ネヴァーマインド』
を大音量で『悼聴き』
すれば
天国のカートを
お迎えする事が
できるかもしれませんね

『イン・ユーテロ』
辺りでお送りしないと
カートが帰れないので
そこも
『追悼聴き』しましょう

ドラマーであれば
コージー・パウエルや
ジェフ・ポーカロ
なども
よいですね

よい機会だと思います

 

(2013年8月18日(日) 23:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ