全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 板倉ドラムス スクールブログ Lupin t...

Lupin the 3rd


『ルパン三世』が好きです。
というのは、楽曲は同じだけれど、いろんなアレンジのテーマがあるからです。

いや、もちろん本編も面白いんですけど、一応音楽のブログですので、内容についてはまた今度。

第1シリーズ(青いジャケット)は山下毅雄さんの楽曲です(チャーリー・コーセイさんが"ルパンー、ルパンルパン、アーイホ!"や、"あしぃ~もとにぃ~"と歌っておられる曲)。


今回は、第2シリーズ(赤いジャケット)の大野雄二さんのテーマについて簡単に述べますね。


・Lupin the 3rd 78‘
ダダッタダダダッタダー!で始まるスタンダードなもの。

・Lupin the 3rd 79‘
シンセサイザーの音色で有名なバージョン。

・Lupin the 3rd 80‘
ホーンセクションのアレンジがクールなバージョン。
『カリオストロの城』ではフィアット500が崖を登っていくシーンで有名。

このように分かれています。
上記のものプラス、ピートマック・ジュニアさんが

"ン真ぁっ赤な、バ~ラは~"

と歌うバージョンがあります(バックのアレンジは78‘とほぼ同じ)。
ご存知の方は「ああ!」と思われるかもしれません。

以上の楽曲の叩き分けと言いますか、いろんなリズムパターンを知るには同じ楽曲のアレンジ違いだと覚えやすかったり、なじみやすいものになります。

ルパンのアレンジは自分自身も勉強になりましたし、これからも皆さんと勉強していければと思っています。

ドラムをプレーだけでなく、楽曲をアレンジするのは楽しいし、そこで演奏する醍醐味もあるんですよね。

 

(2013年8月11日(日) 3:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動15年!基本はもちろん、ステージ経験も聞ける

板倉ドラムス
板倉隆志 (ドラム)

三ノ宮・西明石・東加古川

ブログ記事 ページ先頭へ