全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 高橋 城司ドラムスクール スクールブログ ドラムと健康

ドラムと健康

若者から圧倒的な支持を受けている
『凛として時雨』のドラマー『ピエール中野』さんが
この『ドラムと健康』という題名でコラムを掲載していた。

内容は活動休止の期間が必要となった主な原因である
曲中に右足が動かなくなってしまった事や、
それをオーディエンスに悟られる事無く工夫し乗り切った事、
その後の治療、その時の心理状況等が書かれていた。

一般的に『ドラマー』なんていうと
特にロックドラマーは
強靭な肉体を持ち、上半身裸、大食い、酒飲み、
いつも女性をはべらして…


とまでは言わないが、そんなに健康を気にしている様なイメージは無いかもしれない。

実際はとても気にしている人が多い。

身体の動きがそのまま音になる楽器なのでそう有るべきなのだ。

骨盤が歪んでいればツーバスを踏むのが難しくなり、
無理をしてそのまま踏み続ければヘルニアになる事だって珍しくない。

私の場合は普段から姿勢や歩き方も気にしていて、
雨の日に左右のハネの上がり方を観察したり、椅子に座った時の骨盤の角度を気にする。

ドラムの基礎といえばルーディメンツなのだが、
動作や健康の事をしっかり考え、正しく実践する事もドラマーにとっては
基礎と言える。

ドラムと健康ドラムと健康

(2013年7月28日(日) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門楽器ショップも太鼓判!信頼に裏打ちされたノウハウを独り占め

高橋 城司ドラムスクール
高橋城司 (ドラム)

高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・田端・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・水道橋・大...

ブログ記事 ページ先頭へ