サイタ音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ ドラムを叩かず...

ドラムを叩かずイメージだけで上手くなる方法

今回はドラムを叩かずイメージトレーニングをすることにより上達する方法です。





ドラムセットでの練習時間がない方にオススメです。





ドラムで楽曲を叩いている時、





「次はこのリズムだな」とか、





「サビが終わるときはこのフィルインだな」など、





頭の中で「次に何を叩くか」のイメージが出来上がっているため、





楽曲を最後まで叩ききることができるのです。





イメージでの楽曲の練習方法は、





音楽を聴きながら目を閉じ、口でドラムのパートを「唄う」ということです。





なんとなく体を動かしながらです。





頭の中では楽曲のドラムを叩いているのが「自分だ」と思い込むようにイメージするとより効果的です。





イメージ力がついてくると、





頭の中でかなり鮮明なイメージを描くことができるようになります。





がんばってくださいね。

ドラムを叩かずイメージだけで上手くなる方法

(2013年6月29日(土) 18:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

ブログ記事 ページ先頭へ