サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #969 (6...

#969 (6/29)~楽器知識は大事♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。
今日は朝9時から夜22時まで新大阪でレッスンでした。生徒さんを見てると、ドラムは叩けるのに意外と楽器知識がない方が多いです。
・チューニングキーを使った事がない
・各パーツ部分の名称を知らない
・メンテナンスが出来ない(してない)
・メーカーを知らない等、

レッスンは実技中心なので楽器に関する事はあまり出来ませんが、どれだけ叩けても楽器の事を知らないと良い音で演奏は出来ません。実技面を練習すると同時に楽器知識も身につけていきましょう。

と言っても何から学ぶのか、至って簡単です。楽器店に置いてあるメーカーカタログを貰い、じっくりよく読む事です。デザインやカラー、値段だけを見ててはダメですよ。

例えばドラムは大きく3つのパーツから構成されてます。
・スネアやバスドラ等、シェル(胴)類
・ハイハットやクラッシュ等、シンバル類
・上記2つを支えるハードウェア類

シェル(胴)部分は主に木製か金属製で、一般的に多い木製は、メイプル、バーチ、ビーチ、オーク、マホガニー等があります。
金属製は、スティール、ブラス、カッパー、アルミ等があります。それぞれ素材によってサウンドも異なります。

シンバルのメーカーや種類はどんどん増えてるので覚えるのは大変ですが、一般的なキャストシンバルとシートシンバル位は把握しておきましょう。特別レッスンとして小出シンバルを見学された方は分かりますよね。

ハードウェアに関しては、まず自分で一から組み立てれるようにならないとダメです。よくハイハットのクラッチが外れただけで慌てる方がいます。仕組みが分かっていれば慌てずにすみますからね。実はセッティングで一番大切なのはハードウェアですからね。

言い出すと切りがない楽器知識。凄く大事ですよ。叩くだけの上達にならないようにしましょう。

 

(2013年6月29日(土) 0:52)

前の記事

次の記事

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日まで楽器フェアが東京ビッグサイトで開催されてました。 画像はYAMAHA展示ブース。他にも沢山のメーカーの展示ブースがあり盛り上がってました。2年に1回の楽器フェア。次は2020年、オリンピックと同じ年です♪ ドラムをして...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ Cytaのレッスンが無事出来るまでの順序を再度確認致します。 ①レッスン日程決め 毎回レッスンが終わってから次のレッスン日時を決めます。 ②会場予約 基本は生徒さん名義による会場予約です(会場規定による)。レッスン日時...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 画像はCyta HPにある「ドラム教室人気の先生ランキング」。 いつも上位で恐縮、大変有難い事なのですが(^_^;)、その割に今年の秋は他のスクールと比べるとCytaの体験受講者が少なく感じます。むしろ他の所が凄く増え、益々スケ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 私は2ヶ月に1ダース(12ペア)程スティックを消耗します。レッスンより演奏仕事の方が消耗しますが、毎月大体それ位は使ってます。 そう、スティックは消耗品です。同じスティックを1年も使うのは形状も変わり湿気量も違うので良くありませ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ パラディドルに続き、今度はロールです(^_^)/ ロールもパラディドルと同じルーディメンツの仲間。大きく3種類に分かれ~ ・シングルストローク・ロール ・プレス・ロール ・ダブルストローク・ロール、とあります。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ