全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ 速いテンポで右...

速いテンポで右手と右足がつられてしまう方へ

ドラムを叩いていて右手と右足がつられることって結構あると思います。





今日はつられることを解消するための練習方法の紹介です。





基本的に人間の体は「やったことがある」動作のみしかできません。





例えば右足と左足を交互に動かすことは、





簡単にできると思います。





理由は「歩くこと」ができるからです。





右手と左手を交互に叩くこともできると思います。





問題は右手と右あ足が交互に動かせるかということです。





16ビートのハイハットとハイハットの間にバスドラムが入るようなパターンででてきます。





遅いテンポの場合は右手を叩き終わってから、右足を持ち上げて叩きます。





しかし速いテンポになると上記のやり方では遅れが生じます。





速いテンポの場合は右手が叩き終わる前に、右足を持ち上げる必要があります。





つまり右足の準備を早くするということです。





ドラムの演奏において速いテンポの場合、





「叩くためのスピードを速くする」のではなく、





「早めに叩くための準備をする」ということです。





最初は右足が持ち上がりにくいですががんばって練習してみてください。





文字のみでの説明は難しいですねー。

速いテンポで右手と右足がつられてしまう方へ

(2013年6月26日(水) 18:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

ブログ記事 ページ先頭へ