全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ フィルインで使...

フィルインで使う16分音符の手順とは?

今回は フィルインで使う16分音符の手順についてです。





まず4分の4拍子で1小節を16分音符で埋めてみましょう。





タカタカ タカタカ タカタカ タカタカ





上記の「タ」は右手、「カ」は左手です。





1拍目を見ると「タカタカ」となっています。





4つ目の左手を休符にすると、





タカタン





2つ目の左手を休符にすると、





タンタカ





3つ目の右手を休符にすると、





タカンカ





つまり「タカタカ」のうちのどの箇所が休符になっているかが分かれば、





手順は分かってきますね。





「タカタン」「タンタカ」「タカンカ」「タカタカ」の4種類は、





楽曲の中に何度も出てきますのでしっかりやっておきましょう。

フィルインで使う16分音符の手順とは?

(2013年6月25日(火) 14:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

ブログ記事 ページ先頭へ