全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 CBUドラムスクール スクールブログ ドラムという楽...

ドラムという楽器

みなさん、こんにちは!
最近ジメジメして暑くなってきましたね!

さて今回はドラムという楽器のあり方を僕なりの観点でお話ししたいと思います。

ポップス、ロックののドラムの立ち位置はリズムキープという考え方が一般的だと思います。
「どん、たん、どんどん、たん」という感じですね 笑
それだけど「え〜、なんか地味でつまらなそうー」って思う方もいるかも知れません。

んが!

一度スツール(ドラムの椅子)に座って簡単な、本当に簡単なリズムパターンを叩いてみると一気にドラムの楽しさが分かっていただけるかと思います。

たまに耳にするラテン、サンバのリズムってよく分からなくても躍動感に満ちあふれていてなんだか楽しくなりますよね!

そういう躍動感やノリという命をバンドに吹き込むことがドラムの大事な仕事の一つなんです。

命は一人一人個性があって、とても面白くて貴重なものですし、バンドとなるとそれが複数集まってそれはそれは素敵なものとなります。本当に感動的です。

バンドに命を、人に感動を与える楽器、それがドラムです^^
一番感動・興奮するのは意外と自分だったりするんですけどね...笑

何も難しい事はありません!

僕と一緒に少しづつステップアップしていきましょう^^

 

(2013年6月25日(火) 1:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

洗足音大出身、ジャズロックバンドで活躍。理論的に学びたい方は特にお薦め

CBUドラムスクール
萩谷昭洋 (ドラム)

川崎・横浜・五反田・渋谷・新宿・池袋・溝の口・登戸・立川・町田・本厚木・池尻大橋・三...

ブログ記事 ページ先頭へ