サイタ音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ バンド内で迷惑...

バンド内で迷惑をかけないために

バンド内のドラムの役割で、





最も重要なのは、





「タイムキープ」です。





一定のテンポでリズムを叩き続けるということです。





他のメンバーはドラムを聴きながら合わせてきます。





ドラムが一定のテンポをキープできていないと、





バンド全体が崩れやすくなります。





ですので練習するときは、





必ずメトロノームを使用して練習してください。





「タイムキープ」が出来ていれば、





複雑なドラムフレーズが出来なくても、





バンド内でも信頼されるようになります。





「タイムキープが出来てるから合わせやすいよ」と、





他のメンバーから言われるようになること間違いなしです!!

バンド内で迷惑をかけないために

(2013年6月20日(木) 18:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

ブログ記事 ページ先頭へ