全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 よしかわドラムスクール スクールブログ スティックのア...

スティックのアタマ

お疲れ様です、よしかわです!

今日はスティックのアタマについて…(笑)

先端の膨らみですね、チップと呼びます。
この形状だけでも音が変わります!!

スティック選びの参考にしてください(^^)


ボール型(丸型)
接触面積が最も小さく粒立ちが良いのが特徴で、音色が揃いやすいぶん、音色の変化はつけにくいです。安定した音が欲しい時オススメです!

スクエア型(四角型)
ボールタイプと同じ特徴ですが、チップの体積を大きくとることで、大音量を得やすいです!

ティアドロップ型(涙型)
楕円形の為、接触面積の変化が付けやすくなり音色の変化がつけやすいぶん、音色を揃えにくいです。少し丸みを帯びたものはオーバル(卵型)と呼びます。

トライアングル型(三角型)
ティアドロップの特徴を強めたタイプで、緩やかな曲面をもった三角形。接触面積の変化が大きくなり、音の変化も大きくなります。

ナイロンチップ
プラスチックで出来たチップです。耐久性があり、音がクリアで明るく、やや固めです。粒立ちが良いのも特徴です。


如何でしたか?
またアーティストモデル等には、これらの特徴とは違う面白い型のチップがたくさんあります。
是非、スティックの違い、音の違いを体感してみてください(=´∀`)人(´∀`=)

よしかわでした!

 

(2013年6月16日(日) 10:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

CD全国発売、多くのバンドでのサポートなど精力的に活躍。母校で講師も

よしかわドラムスクール
吉川卓 (ドラム)

新宿・高田馬場・池袋・小手指・所沢・新所沢

ブログ記事 ページ先頭へ