サイタ音楽教室ドラム教室千葉 川島広明ドラム教室 スクールブログ 音階のない楽器...

音階のない楽器のドラムで唄うということ

ジャズドラムを演奏するにあたって、





ドラムで「唄う」ということは重要です。





ドラムにはピアノのように音階がないのですが、





高音域、中音域、低音域の楽器が組み合わさってできています。





これらを上手く活用して、





ボーカルが唄っているメロディのようなことを、





ドラムで表現するようにするのです。





そのためには頭の中でメロディが流れなければなりません。





頭の中でメロディが流れたら、





両手両足に伝えて、





ドラムで音を出せばよいのです。





これがなかなか難しいのですが。





日々、練習あるのみですね。





偉大なジャズドラマーの演奏を聴くと、





ドラムからメロディが聴こえていきますよ。

音階のない楽器のドラムで唄うということ

(2013年6月13日(木) 20:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

NYで修行、CD全国販売!修行で見えた新しいスタイルをあなたにも

ブログ記事 ページ先頭へ