全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 S.O.D(スクール・オブ・ドラマーズ) スクールブログ スティックの選...

スティックの選び方

ドラムのスティックの材質には、

ヒッコリー: 軽くて強度があり、クリアで芯があるサウンド。
オーク  : ヒッコリーより重く、パワフルな太いサウンド。
メイプル :とても軽く、明るいサウンド。

などがあり、
この他にも金属やカーボンなどありますが、
だいたいヒッコリーかオークを使ってる方が多いです。


初心者の方は、
Pearl(メーカー)の110Hや108H(又はSH)などがオススメです。

ドラムを上達していくにしたがって、
自分に合ったスティックや、
演奏する曲に合ったスティックなど、
自分で分かってくるようになれいます。。。


楽器屋さんへ行き、
実際に握ってみる。
テスト用のパッドがあるお店ならば軽く叩いてみる方がいいと思います。



たまに初心者の方で、、
値段が高い方が良いスティック!と思ってる方が居るのですが、
それは違います!

あくまで、
自分に合ってるか(扱いやすいか?)、
をメインに考えてスティックを購入しましょう^^


各メーカー、マーチング用のスティックをラインナップしてます。
見た目は太くて扱いにくそうですが、
重心などのバランスがいいため、
ルーディメントなどの練習にはいいと思います。

ちなみに私のメインスティックは、
Vic-Firthのラルフ・ハーディマンモデルです。
太いけどバランス最高です!

何より折れにくい!!^^







スティックの選び方

(2013年6月6日(木) 19:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーデビュー後、年間150本の全国ツアーを経験!豊富な講師経験も

ブログ記事 ページ先頭へ